カーリング男子 初黒星もスキップ両角友「つまらないカーリングだけはしない」

カーリング男子 初黒星もスキップ両角友「つまらないカーリングだけはしない」

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/16
No image

敗退し、英国の選手らと握手を交わす両角友佑(中央)=江陵(撮影・高部洋祐)

「平昌五輪・カーリング男子・1次リーグ、日本5-6英国」(15日、江陵カーリングセンター)

世界ランク8位の日本男子代表・SC軽井沢クラブは、同6位の英国に5-6で敗れ、1勝1敗となった。4-5の後攻で迎えた第9エンド。スキップの両角友が成功させれば2得点を得られるドローショットを狙ったが、中央に寄せきれず、同点止まり。最終10エンドに英国に1点を奪われた。

リードの両角公は「9エンドで(2点)取り切れなかったのが痛かった。でもすごくいい展開を作れていたので、次もこの調子でいきたい」と前を向き、両角友も「2勝できるにこしたことはないしけど、1勝1敗でも悪い位置ではない」と、想定内を強調。初戦では世界ランク3位のノルウェーを撃破するなど、戦えている手応えはある。

男子にとっては20年ぶりの五輪の舞台。両角友は「めっちゃ辛いっす。楽しいっちゃ楽しいし、大変っちゃ大変。ただ、自分たちの目標は表彰台ですし、そこに向かって予選あと7試合、楽しむっていうのもおかしいけど、自分たちのやりたいカーリングをやらなきゃ勝てないって分かっている。怖いから、難しいからそのショットを選ばないみたいなつまらないカーリングだけはしないで帰りたい」と、攻めまくることを宣言した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[最新ATPランキング]27位の錦織ら上位に変動はなし、杉田は41位・ダニエル太郎は100位と変わらず
大坂なおみが28位・コンタベイトを撃破しベスト8進出[ドバイ・デューティフリー・テニス選手権]
京都CH 添田豪が8強へ進出
シャポバロフ 20歳差対決制す
カーリング女子“おやつタイム”直後に落とし穴 藤沢「アイスの流れを読めなかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加