【チャンピオンズC】サウンドトゥルー差す! 中京の長い直線で脚生かす

【チャンピオンズC】サウンドトゥルー差す! 中京の長い直線で脚生かす

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/11/30
No image

「チャンピオンズC・G1」(12月4日、中京)

新旧勢力がぶつかる混戦に乗じて台頭を狙うのが昨年の東京大賞典を制したサウンドトゥルーだ。昨年の当レースはスムーズさを欠きながらも3着と健闘。力を出し切ればG1奪取も十分可能だ。

サウンドトゥルーは、今年はここまで5戦全て地方交流重賞で、中央は初出走。末一手の脚質で小回りばかりの舞台で堅実に走り続けてきた。差しの利く中京の長い直線は有利だ。

川崎ダート2100メートルで施行されたJBCクラシックでは後方から追い込み、勝ち馬から0秒3差の3着。高木師は29日、「2100メートルも若干長かったね。3角の手応えは抜群だったけど、コーナーがきつかった。最後も脚は使っているし、広いコースの方が切れるでしょう」と見通す。

昨年の3着も不運の中で食い込んだ結果だった。「結果的には失敗だった」と指揮官が悔しがるのは主戦・大野への指示だ。差し脚自慢が多く、大勢が外を突くと踏んで「詰まってもいいから内に突っ込んでこい」と送り出したが、ふたを開けてみればイン殺到。これは無理だと外に回ったが、間に合わずに差し遅れる形の入着だった。今年は特段、指示をせず、鞍上に任せる。

仕上がりも昨年以上だ。火曜朝は美浦坂路で17-17程度の軽めを2本。「昨年と比べても遜色ない出来。中間も順調にきています」。水曜の追い切りも坂路。大野を背にした気合注入で仕上げを進める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
こんな未来は嫌だ(笑)みんなが想像する「将来の日本」がカオスすぎて笑える7選
「仮面女子」研究生の“デキちゃった引退”は「アイドル史上最悪の結末」
「大きいお尻」VS「小さいお尻」 結局男性が好きなのは......?
成宮寛貴、尿検査で「陰性」 薬物疑惑報道を改めて否定
成宮寛貴コカイン使用疑惑に続報 少なくない「服装のほうが気になる」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加