岩の中に眠る大量のルビー、掘り出せない理由は? パキスタン

岩の中に眠る大量のルビー、掘り出せない理由は? パキスタン

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/11/12
No image

カシミール地方のパキスタン実効支配地域のニーラム渓谷上流にある鉱山で採掘する労働者(2017年9月20日撮影)。

【AFP=時事】カシミール地方のパキスタン実効支配地域に住む人々は宝箱の上に座っているといっても過言ではない。5億ドル(約570億円)相当の価値があるとされるルビーの鉱脈が、彼らの下にあるからだ。

だが、古い道具や設備への投資不足、技術不足が、同地方を宝石産業における重要な存在に変貌させることを妨げている。

カシミール地方のうちパキスタンが実効支配する地域には、鉱山と採掘調査用地がそれぞれ1か所ずつあるだけだ。しかしこの地域には、地質調査によって40トン以上に相当するルビーと、推定50トン近くに上る資源が眠っているということが判明した。

現在採掘されているルビーによる収益は、カシミールにおける税収の1%以下だが、専門家たちは、その多くが低所得層の400万人が暮らすこの地域の価値は、ルビーの鉱脈の利用次第で一変するだろうと考えている。

地域産業の発展を推進する「アザド・カシミール鉱山・産業開発会社」のシャヒード・アユブ氏は、インドと係争中のカシミール地方のパキスタン実効支配地域の行政を担当する当局には、採掘用の新しい機器を購入したり新たに鉱山を開発したりするための資金はないと話している。

またある宝石販売業者は、カシミール地方のパキスタン側のルビーや、銅や金、銀といった鉱物資源を同国の経済にもっと役立てるには、地元の技術向上のためのさらなる投資と、鉱業部門を支援するための法的枠組みの整備が必要だと、語った。

しかし、荒涼とした地形と、領有権をめぐって対立が続くインドとの境界に近接した場所での採掘に対し、民間企業は消極的だ。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アルゼンチン海軍の潜水艦、連絡途絶える 同国初の女性潜水艦将校も乗艦
ユダヤ教を発展させたペルシャ王
F18戦闘機が空に男性器... 米海軍、パイロットを処分
サウジ、「不正蓄財」没収の司法取引を模索
ウォール・ストリート・ジャーナル
タンザニアでアルビノへの襲撃減少、一方で墓荒らしは増加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加