「ReLIFE」夜宵草の新連載は10年前のリメイク作 5人順々に物語のメインが変わる「ブルーハーツ」がスタート

「ReLIFE」夜宵草の新連載は10年前のリメイク作 5人順々に物語のメインが変わる「ブルーハーツ」がスタート

  • おたくま経済新聞
  • 更新日:2018/11/19
No image

(C)NHN comico Corp.

No image

2018年3月に完結した漫画「ReLIFE」の作者である、夜宵草(やよいそう)の新連載「ブルーハーツ」が11月17日にスタートした。

掲載は、「ReLIFE」と同じく、NHN comico株式会社が提供するマンガアプリ「comico」。今後最新話は隔週土曜日に配信される。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

作者の夜宵草は、2013年10月の「comico」サービス開始当初から、代表作となる「ReLIFE」を連載。2018年3月の完結まで全222話を発表した。ReLIFEはテレビアニメ化、舞台化、実写映画化もされ、原作単行本は11月12日発売の最新第10巻までで、国内累計170万部を突破。海外はフランス・韓国・台湾・ポーランド・インドネシア・ベトナムでも単行本が刊行され、フランスでは2017年にる日本マンガ賞「Mangawa賞」で「少年マンガ賞」を受賞してる。

その夜宵草による新連載は、10年前に自身のサイトで趣味で連載していたWEB漫画のリメイク作になるという。「10年という時を経てこのような形で連載になるなんて夢のようです。当時読んで下さっていた方も、初めての方も、楽しんでいただけたら嬉しいです」とコメントしている。

待望の新連載となる「ブルーハーツ」は、学年成績ワースト4人の留年候補と1人の教育係が織り成す、甘酸っぱくてほろ苦い青春群像劇。5人順々に物語のメインが変わっていき、それぞれにスポットが当たるかたちで展開していく。

■新連載『ブルーハーツ』概要

・作者:夜宵草
・連載開始日:11月17日(土)より隔週土曜日連載
・ジャンル:学園/ドラマ/コメディ

・あらすじ:

「何してんだろーなー、俺」

高校生活も半分が過ぎたのに、未だ夢も希望も・・・そしてクラスに友達すらもいない那木夕日は刺激の無い毎日を過ごしていたが、突然進級の危機に陥ることに!学年成績ワースト4人の留年候補と1人の教育係が織り成す、甘酸っぱく苦さもある青春群像劇が始まる。

<主要キャラクター>
●那木夕日(なぎ・ゆうひ)
高校生活を無気力に送り、クラスでも浮いた存在。頭のいいやつが大嫌い。
周囲との関わり方がわからず何かと空回りするが、感情に素直な本作の主人公。

No image

●一条十希(いちじょう・とき)
ワースト4人の教育係。秀才だが人に対して絶望的に興味がない。バカが嫌いで那木夕日とはよく喧嘩になる。

No image

●瀬戸風花(せと・ふうか)
学校に男友達も多く、よく遊び歩いているギャル。明るくて人懐っこい性格。

No image

●水沢叶衣(みずさわ・かなえ)
クールで物怖じせず言いたいことを言う性格。人と距離をおいている節がある。

No image

●矢神ダイ(やがみ・だい)
5人のまとめ役的な存在で、水沢叶衣とは昔からの知り合いだが・・・?

No image

・URL:http://www.comico.jp/articleList.nhn?titleNo=27481

(C)NHN comico Corp.
情報提供:NHN JAPAN株式会社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハルタ購入特典に「北北西に曇と往け」クリアファイル、「ハクミコ」豆本も付属
しまっちゃうおじさんも『ぼのぼの』がケーブルマスコットになって登場
最終回後のあゆ&野宮も「ハチミツとクローバー」未収録エピソードが電子書籍に
冒険より娼館巡り!ムンムン×ブッチャーUの異世界エロコメ「せっかくチート」1巻
三億円事件“実行犯”による独白小説が漫画化 『ジャンプ+』で29日連載開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加