Oculusが単体で動作可能な約2万円のVRヘッドセット「Oculus Go」を発表

Oculusが単体で動作可能な約2万円のVRヘッドセット「Oculus Go」を発表

  • GIGAZINE
  • 更新日:2017/10/12
No image

VRヘッドセット開発の「Oculus」が、初の単体動作可能な自社製VRヘッドセット「Oculus Go」を発表しました。価格は199ドル(約2万2000円)からで、2018年初頭の発売が予定されています。

Oculus announces new $199 self-contained VR headset called Oculus Go, shipping in 2018 - The Verge

https://www.theverge.com/2017/10/11/16459442/oculus-go-standalone-vr-headset-announce-pricing

Oculusが、ハイエンドVRヘッドセットの「Oculus Rift」と、モバイル端末を使うローエンドVRヘッドセット「Gear VR」のちょうど中間層を狙った新しいVRヘッドセット「Oculus Go」を発表しました。Oculus Goの販売価格は199ドルで、Gear VRの129ドル(約1万5000円)より少しだけ高く、Oculus Riftの499ドル(約5万6000円)よりもはるかに安いという絶妙な価格帯となっています。

Oculus Goが発表されたのはOculus Connect 4というイベント。同イベントに出席したマーク・ザッカーバーグ氏は「これがOculusの次の目標へ到達するための方法である」と語り、今後VRで10億人のユーザーを獲得していくための最初の施策がOculus Goであることを明かしています。

Oculus Goに搭載されているディスプレイの解像度は2560×1440で、内蔵オーディオによりヘッドホンなしでも音を出すことが可能です。また、Gear VRのリモコンに似たコントローラーを使って操作を行う予定であり、コンテンツもすべてGear VRと互換性があるそうです。ただし、ヘッドセットなどの機器にカメラやセンサーを取り付けて周囲の測定物を検出する「Inside-out」方式のトラッキングには対応しておらず、モーションコントローラーもOculus Riftのもののようなフル機能のものではないため、全体の価格を抑えることができる模様。

Oculus Goがどんな端末かわかるムービーも公開されています。ムービーの説明欄には、「映画やコンサートを見たり、ゲームをプレイしたり、友達とVRの中で遊ぶのに最高」と書かれています。

Introducing Oculus Go - YouTube

これが単体で動作可能なVRヘッドセットOculus Go

No image

レンズはOculus Riftとほぼ同じ視野を確保してくれます。

No image

本体天面に2つのボタン

No image

着け心地は極めてソフトだそうです。

No image

バンドには布系素材が使用されています。

No image

天面のボタンは電源ボタンと音量調節ボタンのようです。

No image

全体像はこんな感じ。

No image

サッカーを観戦しているシーンも映し出されており、映画・コンサート・スポーツ観戦と、さまざまなジャンルへのアプローチが予感されます。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドコモの2画面スマホがまさかの復活 ZTE製「M Z-01K」1月発売予定
【GEPR】蓄電池に「ムーアの法則」はない
「Windows 10 Fall Creators Update」リリース、アップデート方法は?
モリサワの3書体を無料で入手できる!「MORISAWA BIZ+」スタンダード版が提供開始
「ほぼすべてのWi-Fi機器に影響」―危険な脆弱性「KRACK」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加