坂本花織、SP曲を変更 ジャンプ全て後半にするも、ミスが相次ぐ

坂本花織、SP曲を変更 ジャンプ全て後半にするも、ミスが相次ぐ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

演技する坂本花織

「フィギュアスケート・げんさんサマー杯」(12日、滋賀県立アイスアリーナ)

世界ジュニア選手権銅メダルの坂本花織(17)=神戸FSC=はSP曲を「死の舞踏」から変更し、3つのジャンプ全てを後半に構成した「月光」で臨んだ。しかしジャンプにミスが相次ぎ、54・68点と伸び悩んだ。

なかなか最初のジャンプを跳ばない坂本。気付けば演技は後半に入り、そこから立て続けにジャンプに挑んだ。しかし3回転の連続ジャンプで転倒すると、次もミス。最後のダブルアクセルは意地で決めたが、表情はさえなかった。「練習時間が短くて、予想していた結果ではあったけど…」と険しい表情で振り返った。

今月初旬まで行われた岩手合宿中に、急きょ新プログラムを作成。まだ出来は「3%くらい」と苦笑いで振り返ったが「悔しい結果になったけど、滑り込めばもっと伸びる」と前向きだ。

「今日の結果をしっかり挽回したい」と、あまずは13日のフリーでの逆襲を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加