効率的な駆動力を実現する新しいボクサーエンジンを採用した「BMW R 1250 GS/1250 RT」

効率的な駆動力を実現する新しいボクサーエンジンを採用した「BMW R 1250 GS/1250 RT」

  • @DIME
  • 更新日:2018/12/07
No image
No image

BMWは、全面的に改良された新しいボクサー・エンジンを搭載し、高い走行安定性を実現した新型BMW R 1250 GS/ 1250 RTの販売を開始した。

No image

この新型モデルに搭載されている新しいボクサー・エンジンは、BMW ShiftCam(シフトカム)テクノロジーをBMWの量産二輪車として初めて採用。

No image

これにより、エンジン内の吸気バルブのタイミングと吸気量を可変制御することが可能になり、より効率的に駆動力を発生させることが可能となった。

No image

さらに、2つのインテーク・カムシャフトは、意図的にタイミングをずらして作動するように設計され、空気が燃料を伴って渦状に混ざり合いながら流入することで、燃焼効率が向上している。

No image

カムシャフトの駆動を従来のローラー・チェーンからサイレント・チェーンに変更し、オイル供給システムの最適化、ツイン・ジェット・インジェクター及び新型エグゾースト・システムの採用など、多くの点で改良が施されている。

No image

そして、幅広い回転域での安定した駆動力と、排出ガスや燃費の改善、官能的なサウンドを実現した。

No image

装備面では、GSの場合、4つの走行モード「Rain」、「Road」、「Dynamic」 および 「Enduro」が、RTの場合は、3つの走行モード「Rain」、「Road」 および「Dynamic」 が標準装備。

No image

また、同じく標準装備であるダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)は、トラクションを最適化して高い走行安全性を確保する。

No image

どちらのモデルにも発進時にライダーを支援するヒル・スタート・コントロール(HSC)が標準装備され、快適で安全な坂道発進を実現。

No image

さらにBMW R 1250 GSでは、速度や回転数、ナビ、電話、メディアや、その他車両情報などは6.5インチTFTカラーディスプレイに表示される。

No image

このディスプレイは、トンネルや暗闇を走行中は明るさや色が鮮やかになる自動調整機能が採用されており、強い日差しの中でも情報が読み取りやすくなっている。

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソフトバンクがヤバい!? 通信障害より深刻なトラブルが、上場直前に続々
今もライセンス生産が続けられている、1988年型フォード「フェスティバ LX」を廃車置場で発見
今年がラストチャンス!ふるさと納税「返戻率の高い」自治体はここだ
AGC(旭硝子)が推進するオープンイノベーション戦略とは?
日本総研、住宅地における自動移動サービスの実証実験を神戸市で開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加