仮想通貨の割安・割高ランキング【フィスコ・アルトコインニュース】

仮想通貨の割安・割高ランキング【フィスコ・アルトコインニュース】

  • FISCO
  • 更新日:2018/02/14
No image

株式会社フィスコ

2月14日7時30分時点における時価総額上位100通貨のデータをを抽出。同データをもとに、ビットコインをベースとして、流動性の観点から相対的に割安・割高と判断できる通貨をランキング化したコンテンツです。

■流動性の観点から【割高】と判断できる通貨

1位:イーサリアム(ETH)         +96.10%

2位:リップル(XRP)           +88.07%

3位:ビットコインキャッシュ(BCH)  +65.48%

4位:アイオタ(MIOTA)          +27.35%

5位:ネム(XEM)              +30.54%

□流動性の観点から【割安】と判断できる通貨

1位:テザー(USDT)            -57.13%

2位:イーサリアムクラシック(ETC)  -63.89%

3位:クアンタム(QTUM)         -82.88%

4位:ライトコイン(LTC)        -561.67%

5位:イオス(EOS)            -454.96%

※表記は通貨コード(略称)となっています、あらかじめご了承ください。なお、ランキングについては、フィスコ算出の適正時価総額に対する時価総額(データ取得時)の差額が大きい順となっています。「%」表記については、フィスコ算出のフェアバリュー(適正時価総額)に対する乖離率となります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドコモのハピチャン、3月はマックのグランバーガーをプレゼント
TDバンク、仮想通貨売買でのクレジットカード使用を禁止【フィスコ・ビットコインニュース】
日産と三菱自、仏国内へ製造移転シナリオ...ゴーン氏が仏政府に「売る」可能性
4月から三菱UFJ銀行へ社名変更 預金者が必要な手続きとは?
海外企業の輸入サポートから宅配まで一気通貫するサービス開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加