バルサ守護神から豪快弾の柴崎岳へメッセージ「グレイト・ゴールだ。おめでとうと言いたい」

バルサ守護神から豪快弾の柴崎岳へメッセージ「グレイト・ゴールだ。おめでとうと言いたい」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/17
No image

今季リーグ戦初失点を喫したテア・シュテーゲン。柴崎弾はどんな名GKにとってもノーチャンスだっただろう。(C)Getty Images

今シーズンは開幕3試合でクリーンシートを達成し、昨シーズンから数えて450分間を無失点で凌いでいたドイツ代表GK、マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン。バルセロナが誇る25歳の若き正守護神が、ついにその牙城を崩された。ヘタフェの日本代表MF、柴崎岳がスコアラーだ。

リーガ・エスパニョーラ4節のヘタフェvsバルセロナ戦は、アウェーチームの2-1逆転勝利に終わった。39分、ヘタフェの先制点を挙げたのが柴崎。バルサ・ゴールまで20メートルの位置だ。マルケス・ベルガラが頭で落とした浮き球に対して、迷わず左足を振り抜き、鋭いドライブ回転のかかった一撃でテア・シュテーゲンの頭上を抜いた。

無失点記録が止まったが? そう問われた守護神はこう答えた。

「失点シーン? 大事なのはチームが3ポイントを獲ったという事実だ。あのシバサキのゴールはグレイトと言うほかない。それが偽らざる真実だ。彼にはおめでとうと言いたい」

そしてドイツ人は、ゲームインプレッションを語った。

「本当に困難なゲームだった。芝はドライでかなり重く、プレースピードがまるで上がらなかったんだ。それでも僕たちには確固たる自信があった。こういう試合展開でもきっちりリカバーし、勝ちにもっていけるのがバルサの真骨頂。苦しいなりにもチャレンジを続けて、後半はより多くのスペースを見つけられたし、主導権を握り続けた。2ゴールを奪って逆転できたのは、必然の結果だと思う」

今回のヘタフェ戦がバルサでの公式戦100試合目だったテア・シュテーゲン。最後は「おかげさまでいい記念になった。勝利できたのがなにより嬉しい」との言葉で締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリンピックを目指す選手の運動神経はマジでヤバい! ってことが45秒でわかる動画がこちらです
ジエゴ・コスタのアトレティコ復帰が決定! 粘って希望を押し通す
C大阪清武「狙えるのはめったにない」3冠へ意欲
“絶対的守護神”離脱で緊急事態のバイエルン、昨季引退の36歳GKが現役復帰
途中出場43秒弾!!堂安のオランダ初ゴールは貴重な逆転弾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加