導入すると年間コスト約1億円/教えて「VAR」

導入すると年間コスト約1億円/教えて「VAR」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

10日の日本―ブラジル戦の後半、ビデオ判定で警告を受けるネイマール(中央右)

ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の“怖さ”を日本も味わった。10日ブラジル戦の開始早々に初めて体験。DF吉田のファウルがVARで認定され、3失点崩壊につながるPKを献上。後半は、DF酒井宏と競ったFWネイマールに警告が出た。

<教えて「VAR」>

【Q】なぜ導入しようとしているの?

【A】86年W杯のマラドーナ(アルゼンチン)の「神の手ゴール」や10年W杯欧州予選プレーオフのアンリ(フランス)の「左手アシスト」など、結果を左右する誤審をなくすため。

【Q】適用されるのは?

【A】オフサイドを含めたゴールの成否、警告等の人違い、一発退場、PK、で明らかな誤審があればVAR班から主審へ伝えられる。ピッチ脇のモニターで確認後、主審に最終決定権がある。

【Q】初の事例は?

【A】昨年のクラブW杯準決勝、鹿島-ナシオナル・メデジン戦。鹿島DF西の被ファウルが映像で認められ、先制PKを獲得した。

【Q】要求できるの?

【A】選手やベンチからの要望は許されず、反対に警告を受ける可能性もある。

【Q】Jリーグでは?

【A】来年から試験が始まるが、技術的テストだけで運用はしない。導入すれば年間コストが約1億円かかる見込み。負担増、VARを扱う技術者育成が課題になっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浦和FWズラタンが運命の第2レグに気勢!「アル・ヒラルに本物のレッズをお見せしよう」
W杯ショックのブッフォンは出場せず...ユーベはサンプドリアに3発食らい、まさかの今季2敗目
伊藤達哉、無念の前半途中交代...。酒井高徳は69分まで。HSV、好調シャルケに敗戦
香川真司、ブンデスMF部門で堂々7位 人気ゲーム「FIFA18」の能力値で高評価
ユベントス、遅すぎた目覚め。伏兵に敗れて今季2敗目。首位ナポリと勝ち点4差に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加