メルカリ盗品対策へ 本人確認強化も

メルカリ盗品対策へ 本人確認強化も

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/10/12

メルカリが12日、初回出品時の個人情報(住所・氏名・生年月日)登録必須化を発表した。利用者が登録した氏名と売上金の振込口座が一致しない場合、売上金が引き出せないようにするというもの。導入時期は年内予定。目的は違法・規約違反行為の抑止。メルカリでは施策導入とともに、警察・捜査機関との連携をこれまで以上に強化するとしている。また、盗品が出品されたと確証が得られた商品は、盗難被害者に対して損害補てんの仕組みを今後検討するとしている。禁止出品物にかんするガイドラインも更新した。

■関連サイト

プレスリリース

メルカリ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パートナーに蹴られた盲導犬、無事保護され嬉しそうに駆け回る姿が公開!
テルモの医薬品工場 機械に上半身挟まれ男性死亡
東京タワーの下で「スミマセ〜ン」振り向いたら丸出しの外国人 港区
清水良太郎容疑者を通報した風俗嬢が“キメセク強要”を告白
診察時の大腸がんの情報 担当医に伝わらず患者死亡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加