Microsoft、「Edge」に代わる新たなブラウザを開発か

Microsoft、「Edge」に代わる新たなブラウザを開発か

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/12/06
No image

Microsoftは同社のWebブラウザ「Edge」の開発を諦め、代わりにGoogle Chromeにも搭載されているレンダリングエンジンChromiumを使ったブラウザを開発中のようだ、とWindows Centralが報じています。

リリース以来、低迷するシェア

2015年にマイクロソフトがリリースしたブラウザ「Edge」はWindows10の標準ブラウザでもあります。

他のブラウザと比べて、消費メモリが少なくCPU使用率を抑えられるといったメリットがありますが、リリース以来、そのシェアは低迷しています。2018年11月時点でのブラウザシェアは、Google Chromeが63.6%であるのに対して、Edgeは4.3%ほどしかありません(Net MarketShare調べ

2018年11月時点のWebブラウザシェアランキング(Net MarketShare調べ)

1位 Chrome(63.60%)
2位 Internet Explorer(11.19%)
3位 Firefox(10.00%)
4位 Edge(4.34%)

新ブラウザのコードネームは「Anaheim」

こうした状況に嫌気が差したのか、MicrosoftはEdgeに代わる新ブラウザを開発予定のようです。米メディアWindows Centralの報道によると、新ブラウザの開発コードネームは「Anaheim」。Googleのオープンソースプロジェクト「Chromium」をベースにしているそうです。

米メディアThe Vergeは今週中にも新プロジェクトの発表があるかもしれないと予想していますが、Microsoftはこの件に関してコメントを控えています。

Source:CNET Japan,engadget
Photo:flickr-Mike Mozart
(kotobaya)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Marshall、コンパクトなBluetoothスピーカー「Killburn II」を発売
“意識低い系の健康派”にこそ、フィットネスバンド『Fitbit Charge 3』を推したい4つの理由
コニカミノルタ、国内向け「Workplace Hubプラットフォーム」
【Amazonサイバーマンデー最終日】ずっと安いからって見逃してない? アマゾン系デバイスや人気の家電など、50時間以上の長期特選タイムセールアイテムまとめ
「世界初」ディスプレイ内カメラ搭載スマホ Honor View 20公開。パンチホール式スマホ続々

IT総合のランキング

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加