アン・リー最新作「ビリー・リンの永遠の一日」ニューヨーク映画祭でプレミア

アン・リー最新作「ビリー・リンの永遠の一日」ニューヨーク映画祭でプレミア

  • ナタリー
  • 更新日:2016/10/18

アン・リーが監督を務めた「ビリー・リンの永遠の一日」のワールドプレミア上映が、第54回ニューヨーク映画祭にてアメリカ現地時間10月14日に行われた。

すべての写真を見る(全5枚)

No image

きれいな写真をもっと見る(全5枚)

No image

本作は、ベン・ファウンテンのベストセラー小説をもとに、イラク戦争の英雄になった19歳の兵士ビリー・リンの葛藤を描く人間ドラマ。ビリーを新人のジョー・アルウィンが演じたほか、ヴィン・ディーゼルクリステン・スチュワートギャレット・ヘドランドクリス・タッカースティーヴ・マーティンらが脇を固める。

No image

キャストたちとともにレッドカーペットに登場したアン・リーは、本作について「素晴らしい仕事だった。ある若き兵士がアメフトの試合のハーフタイムショーにセンセーションを巻き起こす。とてもドラマチックなんだ。大人になっていく青年というキャラクター、そして社会というものを掘り下げるのに、素晴らしい方法だった。観客の皆さんがこの作品をドラマチックに感じ、1人の兵士が経験してきたことを人間的なレベルで深く理解してくれることを望んでいます」と語った。

「ビリー・リンの永遠の一日」は2017年2月11日より全国で公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【超高額バイト】バイオハザードが『日給8万1000円』のゾンビ警備員を募集しているぞーッ! 仕事も報酬もオイシすぎる!!
「君の名は。」ついに中国上陸!日本アニメ依然人気
カンボジアの子どもたちに映画が届くコーヒー、クリスマス限定販売
ディズニー「ベイマックス」地上波初放送決定
実写版「ポケモン」映画の監督が決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加