智弁和歌山が夏6年ぶり勝利、高嶋監督甲子園64勝

智弁和歌山が夏6年ぶり勝利、高嶋監督甲子園64勝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

5回表智弁和歌山無死一塁、中越えの2点本塁打を放つ林(撮影・伊藤航)

<全国高校野球選手権:智弁和歌山9-6興南>◇11日◇1回戦

智弁和歌山が逆転で夏の甲子園6年ぶりの勝利を挙げた。

甲子園優勝経験のある興南、智弁和歌山の両校は、ともに2年ぶりの出場。興南は1年生宮城、智弁和歌山は北と、ともに左腕が先発した。

興南が先制した。3回2死二塁から2四球で満塁。続く4番福元も四球を選ぶ。押し出しで均衡を破ると興南打線がつながった。川満、嘉数の連続タイムリーで北をKO。7番渡辺も2番手平田から左前打と3者連続適時打。この回打者10人で6点を奪った。

智弁和歌山・高嶋仁監督(71)は甲子園通算63勝も、夏は11年を最後に勝ちがない。逆転へ、反撃は4回だった。1死満塁とすると8番の1年生西川が中前に落とし、1点。9番平田も左前打で続き、この回2点を返した。

智弁和歌山は5回には一発攻勢。3番林の中堅左への2ラン本塁打で4-6。2死後、7番冨田が興南2番手・上原から左翼へ2ランを放ち、同点。6回は1死満塁で4番蔵野が左前打し、7-6と勝ち越した。

智弁和歌山の高嶋監督は春夏通算64勝目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリックス・西が左手首骨折 打球直撃で4週間の固定が必要の診断
21日の公示 中日が岩瀬を抹消、ハムは岡、ホークスは武田、楽天は辛島を抹消
東海大菅生の夏終わる...9回同点も延長11回力尽く
市立船橋vs千葉日大一
高校野球ドットコム
[全中]青森山田との決勝を夢見た日章学園は4強で散る(16枚)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加