中日大島がスピードアップ賞「意識はしてなかった」

中日大島がスピードアップ賞「意識はしてなかった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/17
No image

大島洋平(写真は2016年5月22日)

中日大島洋平外野手(31)が17日、今季からNPBがコミッショナー表彰として制定した「スピードアップ賞」を受賞した。

対戦した相手投手の平均投球間隔(無走者時)が最も短かった打者に贈られる賞で、大島は12球団トップの12・1秒だった。

球団を通じて「特別に意識はしてなかったのですが、常に自分のリズムで打席に入っていこうとした結果だと思います」とコメントした。

1番打者としてリーグ2位の656打席に立ち、同2位の175安打をマーク。出塁率は3割4分8厘だった。また投手部門ではラウル・バルデス(38)がリーグ1位の8・5秒だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
ハム連覇へ村田透が強い決意 栗山監督も活躍確信「間違いなく数字残す」
各球団発表、12月8日の入団、背番号変更、スタッフ人事は?
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
楽天・堀内「見ないと絶対に損をする」 コボスタ宮城のイルミネーションをPR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加