【日本S】鷹福田、ダメ押し2ランで全国デビュー? 「全国中継でホームランが打てて良かった」

【日本S】鷹福田、ダメ押し2ランで全国デビュー? 「全国中継でホームランが打てて良かった」

  • フルカウント
  • 更新日:2019/10/21
No image

ソフトバンク・福田秀平【写真:藤浦一都】

第1戦から2試合連続打点でチームの勝利に貢献「予想してなかった球でしたが体が反応しました」

■ソフトバンク 6-3 巨人(日本シリーズ・20日・ヤフオクドーム)

ソフトバンクの福田秀平外野手が20日、巨人との日本シリーズ第2戦の8回にダメ押しの2ランを放ち、チームの連勝に貢献した。

福田は8回表の守備からグラシアルに代わって5番に入り、右翼の守備についた。その裏、1死1塁の場面で打席が回ると、巨人の投手は左腕の高木京介にスイッチ。福田は5球目のカーブを右中間のホームランテラスに運んだ。

カーブに泳がされることもなく、うまくタメて振り抜き「予想してなかった球でしたが体が反応しました」と胸を張った。試合を決めつける一発に「今日はラグビーもありましたけど、全国中継でホームランが打てて良かったです」と笑った。

19日の第1戦では死球のデスパイネに代わって7回に打席に入り、内野ゴロながら打点を稼いだ。この試合も途中出場で2打点と2試合連続打点と活躍しているが「シーズンと同じで、いつどこで行くかわからないので良い準備はしています」。

次なる舞台は敵地・東京ドームに移るが、今年の交流戦では6月21日に満塁弾、23日には先頭弾を含む2発でチームの交流戦最高勝率確定に貢献した相性抜群の球場だ。日本シリーズ3連覇に向け福田のバットは必要不可欠だ。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
不動の4番・鈴木誠也がMVP!「もちろん嬉しいですけど、それよりも...」
ノムさん、先発山口にボヤキ止まらず「処置できないわ。ダメ!ダメ!」/プレミア12
侍ジャパン 山口&会沢の初バッテリーにネット騒然「マジでやるのか」「禁断の...」
中居正広「ゆっくり浸っていたい」侍世界一に感無量
連覇逃し韓国監督「日本おめでとう」東京五輪へ闘志
  • このエントリーをはてなブックマークに追加