おうし座北流星群、今夜極大を迎える 流れ星の観測も可能

おうし座北流星群、今夜極大を迎える 流れ星の観測も可能

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/13
No image

株式会社フィスコ

今夜(12日)、おうし座北流星群が見ごろとなっている。晴れるところでは、多くの流星を観測できそうだ。

おうし座流星群は北群と南群で構成され南群が5日頃、北群は12日頃に極大を迎える。流星自体はゆっくりしたものが多く、火球(明るい流星)が多く見られる。

現在活動期を迎えているしし座流星群(出現期間:11月6日~11月30日、ピーク:11月18日の予想)に比べると、その速度は約半分になっている。流星が流れるスピードが比較的遅いという特徴があり、願い事が3回できるかもしれない。

ピーク時間帯は夜の9時~深夜2時くらい。日本気象協会によると、深夜1時前に月が昇るまでがねらい目で、東から南に見えるオリオン座を目印に、その右斜め上に注目すればいいとのことだ。

(編集・李沐恩)

【ニュース提供・大紀元】

<HT>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「てめえこの野郎」と叫び...1キロ車“追い回す”
<大阪堺市>通せんぼおじさん「俺の土地じゃ!」で再逮捕
“事故の瞬間”大通りで...バイクにはねられ女性重傷
パチンコ店に現金要求 脱税事件で捜査班長証言「新規業者から相談」 工藤会裁判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加