無名の中国人モデル、レッドカーペットで胸をあらわに=「招待していない」ゲラン社が抗議文―カンヌ映画祭

無名の中国人モデル、レッドカーペットで胸をあらわに=「招待していない」ゲラン社が抗議文―カンヌ映画祭

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/05/15
No image

無名の中国人モデル、レッドカーペットで胸をあらわに=「招待していない」ゲラン社が抗議文―カンヌ映画祭

14日、第71回カンヌ国際映画祭でレッドカーペットを踏み、カメラの前で胸をあらわにした中国人モデルに対し、化粧品ブランドのゲラン(Guerlain)が「招待していない」と抗議文を公開した。

2018年5月14日、第71回カンヌ国際映画祭でレッドカーペットを踏み、カメラの前で胸をあらわにした中国人モデルに対し、化粧品ブランドのゲラン(Guerlain)が「招待していない」と抗議文を公開した。新浪が伝えた。

ゲラン社から抗議を受けたのは、20代の中国人モデルの趙欣(チャオ・シン)。16年の「ミス・ツーリズム・チャイナ」の優勝者だが、中国でもほぼ無名のモデルだ。開催中の第71回カンヌ国際映画祭で9日(現地時間)、コンペティション部門出品作「Leto」の上映会でなぜかレッドカーペットに参加しており。さらには胸を完全にあらわにしたドレスで登場したことで、集まった人々やメディアの目を引き付けた。

趙欣は5日、中国版ツイッターでカンヌ映画祭に参加すると表明。理由についてはゲラン社から招待されたと説明し、「CEO兼社長のローラン・ボワロ氏に感謝します。カンヌ、5月に会いましょう」と書き記していた。

この事態を重く見たゲラン社では、中国版ツイッターの公式ページに、趙欣の問題の投稿文を転載した上で、書かれた内容がすべて虚偽であると指摘。「ブランドにマイナスイメージを与える行為」と非難し、投稿文を速やかに削除するよう求めている。(翻訳・編集/Mathilda)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日中韓が同盟を結べば世界最強じゃないか?・・・「だが実現は不可能」=中国
日本を訪れて中国との違いを目の当たりにすると「中国人は言葉を失ってしまう」=中国メディア
日本人も「正しい」と絶賛!?中国公安が教える刃物を持った悪党への対処法がなぜか笑える
今度は肛門に電球が......!? 中国人の困った異物挿入癖に、担当医がSOS!
「ぼったくられた」韓国人男性の映像が台湾で波紋、嫌韓拡大を懸念する声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加