トム・クルーズが骨折したビルジャンプシーンも 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』第1弾予告

トム・クルーズが骨折したビルジャンプシーンも 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』第1弾予告

  • ぴあ映画生活
  • 更新日:2018/02/19
No image

『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』より、第1弾予告編と場面写真が公開された。本作は、トム・クルーズが主演を務め、シリーズ全世界累計興収3000億円以上(1ドル=109円換算)を記録しているスパイアクション。

クルーズのほかサイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソンらお馴染みのキャストに加え、『M:i:III』でイーサンと結婚したジュリア役のミシェル・モナハンが再登場している。さらに『ジャスティス・リーグ 』のヘンリー・カビルが、CIAの敏腕エージェント、ウォーカー役として初出演を果たした。

クルーズ自身がスタント無しで行うアクションシーンが代名詞の本シリーズ。これまで、上空1500mを時速400キロ以上で飛ぶジェット機に素手で捕まったり、ドバイにある世界一高いビル、ブルジュ・ハリファの124階でビルの側面を走ったり、息継ぎなしで6分以上の潜水に挑んだりしてきた。

公開された第1弾予告編には、クルーズ演じるイーサン・ハントが、山脈を飛行するヘリコプターにロープでしがみつくアクションシーンをはじめ、ノルウェーにある高さ600m(およそビル110階相当)の一枚岩の崖“プレーケストーレン”でクライミングをする様や、パリ・凱旋門をヘルメットなしの状態でバイクに跨り疾走する姿、クルーズが撮影中に骨折したビルジャンプシーンなどが収められている。

クルーズは、イギリスのトーク番組『グラハム・ノートン・ショー』に出演した際、ビルジャンプシーンについて、「全速力でジャンプして、壁の一面にぶつかって、這い上がり、カメラの側を走っていくという撮影だったんだ。(ぶつかって)瞬時に骨折したことを悟った。それでも、カメラの側を走り抜け、そのショットをものにした。あの横顔のショットはどちらも映画に出てくるんだ」と骨折しながらも撮影を続行し、そのカットが本編で使用されていることを明かしていた。
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
水川あさみ、ぬれる「今の精いっぱいをさらけ出す」
高良健吾×城田優、5人の女性と別れるには...。「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」
水川あさみ、官能ドラマに挑戦<ダブル・ファンタジー>
水川あさみ、官能ドラマに挑む!共演に田中圭&眞島秀和&柳俊太郎ら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加