最新ランキングをチェックしよう
稀勢が三番稽古 千代の国に8勝2敗、スピードへの対応で収穫

稀勢が三番稽古 千代の国に8勝2敗、スピードへの対応で収穫

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/04/26

大相撲の春巡業は茨城県笠間市で行われ、6場所連続休場からの復活を期す横綱・稀勢の里(31=田子ノ浦部屋)は平幕・千代の国(27=九重部屋)との三番稽古で8勝2敗だった。「ちょっと疲れがあった」という状況で、激しく動き回られて敗れる場面もあったが「相手が速くて力を付けている。あのスピードは幕内でも(そうそう)ない。いろいろ課題が見つかって良かった」と収穫を得た。

稀勢の里(左)は千代の国と三番稽

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
八角理事長、栃ノ心に「引っ張っていく」と期待 稀勢の里には「体調が分からない」
筋肉のよろい、四つ相撲の醍醐味 大関栃ノ心誕生へ
栃ノ心、大関へ 師匠の春日野親方は「こうなるとは思わなかった」頑張りたたえる
栃ノ心12勝で技能&敢闘賞、故郷に記念館建設へ
北の富士氏、白鵬は鶴竜戦で「今場所の悪いところが全部出た」/夏場所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加