最新ランキングをチェックしよう
作家・冲方丁が1年前の逮捕・勾留を振り返る「警察が圧倒的に有利な司法ゲーム。耐えて打ち勝つしかない」

作家・冲方丁が1年前の逮捕・勾留を振り返る「警察が圧倒的に有利な司法ゲーム。耐えて打ち勝つしかない」

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2016/10/20

罪を犯せばもちろんだが、人は無実であっても逮捕されることがある。それはサラリーマンであろうと有名作家であろうとだ。
「逮捕されて知ったのは、これは警察が圧倒的に有利な司法ゲームだということです」
そう語るのは作家の冲方丁氏だ。2015年8月に「別居中の妻への傷害容疑で逮捕」のニュースが飛び交い、世間を騒然とさせたことは記憶に新しい。それからちょうど一年後の2016年8月に、留置されたときの体験をま

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「1クオーター目から潰せ」 日大・宮川泰介選手が会見、反則タックルは内田前監督と井上コーチの指示と告発
【極秘グルメ】ドラマ「孤独のグルメ」撮影が3日前に中止になった激ウマとんかつ屋 / 波止場のヤミ豚
日大の宮川泰介選手「やるしかなかった」 氏名、顔は自ら公表
日大選手会見 代理人弁護士「監督から反則指示があったことの説明と、謝罪のための会見」
日大の危険タックル選手が会見、宮川泰介選手は内田前監督の高校の後輩/アメフット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加