中日5年総額10億円超提示へ、FA山口獲り本気

中日5年総額10億円超提示へ、FA山口獲り本気

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/30
No image

取材に応じ、DeNAからのFA移籍を表明した山口(撮影・塩畑大輔)

中日が、DeNAからFA宣言した山口俊投手(29)に対し、契約年数で5年規模、総額10億円を超える大型契約を提示していることが29日、分かった。一騎打ちの様相となった巨人は、交渉解禁日の11日の段階では3年6億円を提示したとみられ、その後、条件の見直しもしている模様。中日の条件は、引けを取らない可能性がある。

本気だった。中日は早くから山口の動向を調査。FA宣言した直後から水面下で調査を重ねてきた。公開で交渉した巨人とは対照的な動きだった。しかも、巨人の提示したとされる3年契約を、大きく上回る5年規模を用意しているとみられる。球団は交渉の事実を公表しない方針だったが、森監督は26日のファンフェスタでもファンを前に「まだチャンスはあるのでは」とオファーを認め、交渉が継続中であることを明かしていた。

4年連続Bクラスで今季は19年ぶりの最下位。新監督のもと逆襲を誓う来季に向けて、まず今季FA権を取得した平田と5年、大島とは3年の、合わせて10億円を超える大型契約を結び、ダブル残留を実現させた。新外国人のアレックス・ゲレーロ内野手(30=元ドジャース)を推定年俸1億5000万円プラス出来高払いで獲得し、さらにメジャー級の外国人投手1~2人を獲得予定。森監督が「100点」と言うドラフトも含めて、万全の補強を進めてきた。手綱を緩めるどころか、山口にも最大級の提示で獲得を狙っていた。

過去に自主トレを共にしたことがある浅尾ら、中日には親交の深い選手が数多い。マウンドの形状や、広さなどから「投手有利」とされるナゴヤドームで、山口は今季2試合登板して2勝、防御率0・55と相性抜群だ。

この日、西山球団代表は「待つだけです。大事な決断になると思うので、じっくり考えていただければいい」と初めてオファーを認めるような発言をした。自信の表れか、それとも-。吉報を信じて待っている。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
中日打撃投手転身の久本、落合GMから熱い電話「お前だから電話しているんだぞ」
4年で3勝でこの金額!日ハム・斎藤佑樹が来季も高給取りを続けられるワケ
巨人小山、楽天柿沢のトレードが合意
オリックス...サクラチル FA陽から断りメール届く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加