広島ピンチしのいだ裏にバティスタ犠飛で勝ち越し

広島ピンチしのいだ裏にバティスタ犠飛で勝ち越し

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/14
No image

広島対DeNA 8回裏広島1死満塁、バティスタは右飛を放ち犠飛とする(撮影・加藤哉)

<広島5-4DeNA>◇14日◇マツダスタジアム

広島がサビエル・バティスタ内野手(25)の犠飛で勝ち越しに成功した。

4-4で迎えた8回1死満塁で、バティスタが右翼へ犠牲フライを放ち、勝ち越しの走者が生還。8回表の無死満塁のピンチを無失点でしのいだ直後に、好機を生かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松井秀喜氏、特別インタビュー(下) 高木京に贈る言葉、そして自身の今後
昨季はマツダでビールの売り子 STU48瀧野「本当に最高」
相手に重圧を与える代走の切り札の存在 意思統一された広島の走塁
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
日本ハム大谷うなる剛速球、デスパイネに162キロ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加