第1回高校生FK選手権を開催! 大会アンバサダーの三浦淳寛氏による実技指導も大好評

第1回高校生FK選手権を開催! 大会アンバサダーの三浦淳寛氏による実技指導も大好評

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2016/11/30
No image

大会アンバサダーの元国際審判員の西村雄一氏。自ら笛を吹き、決勝ではバニシング・スプレーも披露。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

No image

大会の発起人。三浦氏が開発した「ATSUフリーキック練習ボール」が試合球として使用された。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

No image

第1回大会を制したのは東工大附B。ファイナルでは正則学園Cチームをサドンデスの末に下した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

No image
No image

会場となったのはアクセス抜群の東京工業大学附属高等学校。22チームおよそ180名の高校生が参加した。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

「日本をFK大国にしたい」

その想いを持つJリーグ歴代3位の直接FKゴール数を持つ元日本代表・三浦淳寛氏がアンバサダーとなり、“高校生FK選手権”(アスマッチプロジェクト主催)の東京大会を11月26日に開催した。

記念すべき第1回目となった今回は、港区の東京工業大附科学技術高の人工芝グラウンドで実施された。ルールはシンプルにPK合戦のFK版で、異なる点としては決められたゾーンであればどこにボールを置いても構わないという点だ。そして、チームの人数は最低でも5人1組で、攻撃時は順番にキッカーを務める。5本目で勝負が付かない場合はサドンデス。この場合はチームの中から1人選抜してボールを蹴る。逆に守備時はチームから4人の壁と1人のGKを選出。壁は15秒以内にセットし、あとはゴールを守るだけという単純明快なルールでスコアを争う。

今回、大会を考案したきっかけについて、三浦氏は「日本のFK精度が低い」ことを真っ先に挙げた。事実、日本代表の試合でも直接入る場面は少ない。三浦氏も「明らかに練習不足だと思う。正直、今の日本代表は能力の高い選手ばかり。練習をすれば絶対に上手くなる」と話す。

そうすると、まず大事になってくるのがキックの質だ。そのためにも三浦氏は、「ボールを蹴る時の足の角度とかがそれぞれ違う。なので、(ボールの)曲がり幅とかも変わってくる。自分の曲がり幅を理解するために自己分析を行うこと」が重要だと語る。

ただ、自己分析をしたとしても練習に上手く取り入れることが出来なければ、何も意味をなさない。その観点から三浦氏はキック精度向上の手助けをするモノとして、FK練習専用のボールをモルテン社、筑波大の浅井武教授と共同で開発。ボールには蹴るポイントの目印となるように、3カ所の矢印が付いており、今大会中にはこれを用いて三浦氏による実技指導が行なわれた。
実技指導では蹴る位置によって曲がり方、落ち方がどう違うのかという部分を中心にレクチャー。選手たちも食い入るように聞き入り、そのボールを公式球として行なわれた今大会では「ボールの軌道が見やすかった」、「ミートポイントが分かり易かった」という声が聞こえ、FK精度の向上に一役買っていた。

大会には港区の高校生を中心とした22チームが参加し、4グループの予選リーグを経て上位2チームによる決勝トーナメントで優勝を争う方式が採用された。その結果、東工大附Bチームが優勝。決勝弾を決めた長谷川明日人君(3年)は「三浦さんのキックを見て火がついた」とゴールシーンを振り返り、チームメイトと喜びを分かち合った。

次回の大会に関しては未定だが、三浦氏は日本のFK技術向上を目指すべく、2回目の大会実施に意欲を示す。「大人になったら上手くならないとか言うけど、それは大きな間違い。何歳になってもキックは上手くなる」という三浦氏は、日本を背負うフリーキッカーをこの場から生み出すことを誓っていた。

取材・文:松尾祐希(フリーライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[MOM416]日本体育大FW太田修介(3年)_“全国男”1トップ起用に応えた鈴木監督の秘蔵っ子
[MOM418]明治大MF中村健人(1年)_夏の悔しさをバネに掴んだ待望のゴール
レーサーの井原慶子選手、女性プロアスリート対象の栄誉ある賞に海外で選出される
鹿島FW金崎がアフリカ王者戦で先発復帰へ DF植田の先発起用も有力
U19内山監督「適応力高い」 飛び級のFW久保を称賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加