さんま「約束破った」ニッポン放送との絶縁理由激白

さんま「約束破った」ニッポン放送との絶縁理由激白

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/04/17
No image

ニッポン放送のパーソナリティーを29年ぶりに務めた明石家さんま

明石家さんま(61)が29年ぶりにニッポン放送と和解し、17日、メインパーソナリティーとして生放送の特別番組「君に耳キュン!雪どけ春の大作戦 明石家さんま オールニッポンお願い!リクエスト」に出演した。

さんまが同局でメインパーソナリティーを務めるのは「明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン生放送」(83年5月~88年3月)以来。同番組終了後はゲスト出演だけだった。

さんまは番組開始約1時間後、絶縁状態となった理由を説明した。

「ニッポン放送さんがどうしても出て欲しいという番組があったんです。スケジュールが合わず、断ったんです。プロ野球中継のゲスト解説でした。その人、熱心で口説きに大阪まで来てくれました。それで、野球中継前に録音で1時間語ることになり、録音した。でもどうしても生で入れたかったでしょうね。生で野球を見ている体(てい)で、俺のコメントを差し込んだんです。今じゃ考えられない。約束を全部破った形になって」と話した。

さらに「生対応なら生でのしゃべり方がある」としゃべりのプロとしてのプライドが許さなかったようで「僕は(放送を)聴いてないですけど、聴いた人は『何や、さんま、突然、何を言うてんねん』となって。それで(スタッフに)いいかげんにせえよと。僕がニッポン放送に対して不信感を抱いて、それ以降は『やりません』と」と説明した。

3時間50分に及ぶ長時間の音楽リクエスト番組だったが、流されたリクエスト曲は9曲。うち4曲は、さんま自身がリクエストした曲だった。音楽よりさんまのトーク中心の内容となった。

番組の最後に「また、さんまのラジオが聴きたいな、ニッポン放送で聴いてみたいと言う人がいるようならば…」と言いかけたが、「やってもいいかなと言うと(関係者が)動いてしまう」と慎重な姿勢をみせ「また機会がありましたら」と語るにとどめた。ただ、「楽しかった」として最後は「また!」というあいさつで締めくくり、和解を思わせる雰囲気で番組を終えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キングコング西野が激怒、テレビ収録中に途中退席
カイリー・ミノーグ、変わり果てた姿はボトックス中毒の結果と認める!
木村拓哉が衝撃告白 目から長い異物が出てきた!
大渕愛子を完全抹消!「行列のできる法律相談所」の席の配置が露骨すぎる
芳根京子の次は石原さとみ!? 出演CMが「不貞を連想させる」と放送中止の危機
  • このエントリーをはてなブックマークに追加