切断遺体に関与か “事件後帰国”中国人の自宅捜索

切断遺体に関与か “事件後帰国”中国人の自宅捜索

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19
No image

兵庫県伊丹市の河川敷で切断された遺体が見つかった事件で、警察は、日本から出国した20代の中国人の男が殺害に関与したとして男の自宅を捜索しました。

今月10日、伊丹市の猪名川の河川敷で切断された男性の腕や脚が見つかり、翌日には頭部と全裸の胴体部分が相次いで見つかりました。捜査関係者によりますと、事件後に日本を出て中国へ帰国した20代の中国人の男が、大阪市内で同居していた知人男性に「殺害に関わった」と話していることが分かりました。男は帰国後、自ら中国当局に出頭。日本の警察に「殺害への関与」を伝えるよう同居していた知人男性に依頼したということです。死亡した男性の身元はまだ分かっておらず、警察は中国人の男と死亡した男性との関係を調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
“仮面ライダー”松田悟志、お手柄!妻盗撮男を現行犯逮捕
南太平洋でM7.8の地震 日本への被害の心配なし
発覚恐れ救急車を呼ばず 千葉大医学部“集団強姦”
3時間超の謝罪会見で“露呈”したDeNAの「無責任体質」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加