“カニかま“の真実 やっぱりサラダで食べる人が多い?

“カニかま“の真実 やっぱりサラダで食べる人が多い?

  • OVO
  • 更新日:2019/07/18

“カニかま”の愛称で知られているカニ風味かまぼこ。1970年代に日本で開発、発売されたこの食品、今では海外でも「surimi」として販売され、サラダに巻きものに、アペリティフ(食前酒)のフィンガーフードにと幅広く使われている。そんなカニかまの「調査レポート」を紀文食品(東京)が公開してくれた。サラダ以外にも使い道が無限大のカニかま
 通常、カニ風味かまぼこの需要は、春先から高まり、夏頃に最盛期を迎

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加