AppleのクックCEOがヒラリー・クリントン氏の副大統領候補だったことが判明──Wikileaksで

AppleのクックCEOがヒラリー・クリントン氏の副大統領候補だったことが判明──Wikileaksで

  • ITmedia
  • 更新日:2016/10/19

米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン氏の副大統領候補として、米Appleのティム・クックCEOや米Microsoftの共同創業者、ビル・ゲイツ氏の名が挙がっていたことが、内部告発サイトWikileaksが10月10日(現地時間)に公開したクリントン陣営責任者、ジョン・ポデスタ氏が過去にやり取りしたメールで明らかになった。

No image

Wikileaksが公開した「The Podesta Emails」

Wikileaksはポデスタ氏のアカウントから5万通以上のメールを盗んだとしている。7日と10日に分けて、約4000通のメールを公開した。

副大統領候補のリストは、ポデスタ氏がクリントン氏のメールアドレス(hdr29@hrcoffice.com)宛に送ったとみられる3月17日付メールのもの。39人の候補が“食品群”別に並んでいる。クック氏とゲイツ氏は、GMのメアリー・バーラCEO、Starbucksのハワード・シュルツ氏、ゲイツ氏の妻であるメリンダ・ゲイツ氏などと同じグループだ。

No image

クック氏と同じグループには他に8人が並ぶ

クリントン陣営は、最終的にはティム・ケイン上院議員(バージニア州選出)を選んでいる。

39人の候補リストはこちらで読める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「モテない女」が居酒屋で頼むもの6つ
「彼女にはしたくない...」男性がセフレを恋愛対象として見れない5つの理由
あなたは気づける? 2分半の動画に隠された「本当のメッセージ」に顔が青ざめる
長渕剛「乾杯」新バージョンに騒然 FNS歌謡祭「今年一番笑えた!」
坂上忍も絶句!ASKAの次に注目される薬物疑惑タレントは芸人と元アナ!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加