天理・中村良二監督が甲子園初さい配初勝利 神野が2打席連続本塁打

天理・中村良二監督が甲子園初さい配初勝利 神野が2打席連続本塁打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

2回天理無死、天理。神野の先制ソロに喜ぶ天理ナイン=甲子園(撮影・山口登)

「全国高校野球選手権2回戦・天理6-0大垣日大」(13日、甲子園球場)

天理(奈良)が3回戦へ進出した。プロ野球の近鉄、阪神でプレーし、2015年秋から指揮を執る中村良二監督(49)は、春夏通して甲子園初さい配で初勝利。1986年夏の甲子園優勝時の主将でもあった指揮官は、違う立場で頂点へ一歩進んだ。

笑顔で選手の戦いを見守った中村監督は「思った以上に彼らが頑張ってくれたので100点満点です。100点満点ですね。今日は」と教え子たちをたたえた。

色黒で筋肉質の体型から“天理のバレンティン”と呼ばれる4番・神野太樹外野手(3年)が、2打席連続本塁打を放って打線をけん引した。先頭の二回無死は中堅右へ先制ソロ。四回1死も左中間へアーチを描いた。2打席連続本塁打は、12日の神戸国際大付・谷口に続いて大会史上33人目(35度目)。

天理は10日目第1試合の3回戦で、神戸国際大付と対戦する。監督は「同じ近畿勢になるんですけど、しっかり自分たちの野球をやれるように、しっかり調整して、その日を迎えられるようにしたいです」と抱負を述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
明徳義塾・馬淵監督50勝お預け「もう一回、挑戦します」
前橋育英・丸山9回2死から登板 右足つりながらも1死抑えた
前橋育英・皆川、今大会最速149キロ!完投目前降板も堂々1失点
甲子園の応援席に現れた芸能人、生徒を沸かせた人と歓迎されない人は?
聖光・小泉 いとこの瀬川と一緒に甲子園出場するため東京から留学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加