背面ガラスのiPhone 8の耐衝撃性能テストでバキバキのバックパネルが世界中で量産される

背面ガラスのiPhone 8の耐衝撃性能テストでバキバキのバックパネルが世界中で量産される

  • GIGAZINE
  • 更新日:2017/09/26
No image

近年、新型スマートフォンが発売されると、性能やデザインだけでなく耐衝撃性や耐摩耗性など物理的な強固さがテストされることが増えてきました。スマートフォンの中でも別格の存在である新型iPhoneであれば世界中の注目は一際高いのも当然で、背面にガラスを採用したiPhone 8の耐衝撃性を調べるべく、世界中でiPhone 8を落下させるテストが行われています。

家電製品の耐久性試験ムービーを数多く公開するSquareTradeは、iPhone 8・iPhone 8 Plus・Glaxy Note 8の耐衝撃性を比較しています。

SquareTrade iPhone 8 Breakability - YouTube

AppleはiPhone 8シリーズに関して「スマートフォン史上最も頑丈なガラス」の採用をうたっていますが本当でしょうか?

No image

ということで、耐衝撃性を実験。高さ6フィート(約180センチメートル)から落下させてみます。

No image

背面を下にして落としたテストでは、iPhone 8はバックパネルが破損しました。

No image

iPhone 8 Plusはバッキバキ。

No image

Galaxy Note 8も無残なことになっています。背面ガラスモデルは、3機種とも6フィート(約180センチメートル)の高さには耐えられないようです。

No image

次に、ディスプレイを下にした状態で6フィート(約180センチメートル)の高さから落下させるテスト。

No image

iPhone 8

No image

iPhone 8 Plus

No image

Galaxy Note 8。やはり表面も6フィート(約180センチメートル)の高さからは落とすべきではないという結果になりました。

No image

次は、巨大なパチンコを使ってスマートフォンをふっ飛ばす試験。

No image

約22M/h(時速35キロメートル)でスマートフォンは投げ出されるとのこと。

No image

iPhone 8

No image

iPhone 8 Plus

No image

Galaxy Note 8

No image

最後は、特別な箱の中に入れて60秒間ぐるぐる箱を回すというテスト。

No image

中ではスマートフォンが何度も壁に打ちつけられます。

No image

iPhone 8

No image

iPhone 8 Plus

No image

Galaxy Note 8

No image

以上のテストの結果、SquareTradeによる耐衝撃性能はiPhone 8が「67」。スコアは大きいほど破損のリスク大となっています。

No image

iPhone 8 PlusはiPhone 8よりも破損リスクが高い「74」

No image

Glaxy Note 8はフロントベゼルが曲面ガラスなのが災いして、「80」と3モデルの中では最も破損しやすいと評価されました。

No image

なお、各テストにおける評価の内訳は以下の通りです。

No image

次はYouTuberのTechRax氏によるiPhone 8 PlusとiPhone 7 Plusを比較したムービー。

iPhone 8 Plus vs 7 Plus Drop Test! - YouTube

目線の高さから複数回落下させるテストでは、iPhone 7 Plus(左)とiPhone 8 Plusはともにディスプレイガラスがバキバキに割れてしまいました。ディスプレイ面に関しては、破損しやすさに新旧両モデルで大差ないとのこと。

No image

しかし、背面に関してはいわずもがな。ガラスを採用したiPhone 8 Plusは、旧モデルに比べて壊れやすいという予想通りの結果になっています。

No image

なお、TechRax氏はiPhone 8 Plusの耐久性について他にもテストしています。

iPhone 8 Plus Hammer & Knife Scratch Test - YouTube

「うっかりハンマーを落としてしまう」という、謎のシチュエーションを採用したテスト。

No image

最終的にはハンマーで画面を打ち付けます。

No image

数度のハンマー攻撃にもかかわらず、ディスプレイガラスにヒビは入った状態でもタッチパネルは機能するという驚きの結果に。

No image

もちろん、液晶が壊れるレベルまで打ち付ければ機能しません。

No image

ハンマーでたたきまくった後のバックパネルはこの通り。

No image

スマートフォンをいじめ抜くことに関しては右に出る者がいないほど大量のスマートフォンをテストしてきたJerryRigEverything氏は、期待通りにiPhone 8の過酷なストレステストを敢行し、YouTubeでムービーを公開しています。

iPhone 8 Durability Test - BEND TEST - Glass Scratch Video! - YouTube

スマートフォンのストレステストの第一人者であるJerryRigEverything氏は、発売日にiPhone 8でテストを行っています。

No image

異なるモース硬度の針で画面をひっかくテスト。

No image

モース硬度「6」で目に見えるレベルの傷が付きました。

No image

とはいえ、カッターナイフや……

No image

コイン

No image

鍵でガリガリやっても傷が付かないディスプレイガラスは、実用的な耐ひっかき性能を持っています。

No image

ホームボタンや……

No image

FaceTimeカメラ(フロントカメラ)も高耐久性。

No image

スピーカーホールのカバーは金属製。一般的なスマートフォンは繊維素材を使っていることに比べると、Appleの耐久性へのこだわりがうかがえるとのこと。

No image

ガラスに変更された背面をカッターナイフでガリガリひっかいても……

No image

傷一つ付きません。

No image

1枚のガラスで覆われたLEDフラッシュも傷つきにくい状態。

No image

マイクも金属メッシュで保護されており、JerryRigEverything氏は高評価を与えています。

No image

ひっかき傷に対して強いサファイヤガラスを採用したiSightカメラ(リアカメラ)。

No image

カッターナイフ程度では傷がつかないようです。

No image

モース硬度6のペンでは傷が目立ち始めるとのこと。

No image

モース硬度8では深い傷がつくそうですが、リアカメラのカバーは実用性において必要十分な耐久性をもっているようです。

No image

ディスプレイをライターの火であぶるテスト。

No image

液晶パネルは熱で黒ずみますが……

No image

熱がさめると元通り。

No image

最後におなじみの「素手による折れ曲げテスト」。ガラスのバックパネルに親指を当てて曲げてみても、筐体はゆがみますが折れることはおろかガラスが破損することもなし。

No image

ディスプレイ面に指をあてても同様。

No image

iPhone 7ではディスプレイパネルが浮き上がってしまい「破壊」認定されましたが、iPhone 8は折れ曲げ試験を見事にクリアしました。

No image

ガラスとアルミニウムの境目をガリガリと削るJerryRigEverything氏。

No image

iPhone 8の高耐久性の秘密は、ガラスと金属の間に緩衝材として使われているプラスチックのフレームにあるそうです。

No image

耐久試験の第一人者のJerryRigEverything氏に、アクセサリーメーカーのAnkerから、「この保護ケースを試してみてよ」と新作ケースが送られてきたそうです。

iPhone 8 DROP TEST!! - 'Most Durable Glass' Ever? - YouTube

Ankerの自信作「Shield+ Case Dual Layer Heavy Duty Protective Military-Grade Certified Protection」を手にするJerryRigEverything氏。

No image

プラスチックの外カバーとゴム製のインナーカバーに分かれており、衝撃をうまく吸収する構造になっているようです。

No image

ということで裸のiPhone 8とAnkerケースで保護されたiPhone 8を使って、耐久性を比較します。

No image

まずは、膝の上にスマートフォンを載せた状態で立ち上がって落下させるという、よくあるシーンを再現した落下テスト。

No image

落下テスト1回目

No image

裸のiPhone 8はほぼ無傷。

No image

カバー付きiPhone 8も当然ながら無事。

No image

立った状態で手の平から無造作に落下させるテスト。

No image

裸のiPhone 8は、角に傷がつきました。ただ、ガラスパネルは表裏共に無事。

No image

手の平から放り出すテストにも2台のスマートフォンは耐えました。

No image

側面を下にして落下させるテスト。

No image

ついに裸のiPhone 8のガラスパネルが破損。ホームボタンに向かって亀裂が走ってしまいました。

No image

テストは続行。背面を下にした状態で手の平から落下させるテスト。

No image

AnkerケースのiPhone 8を取り出してみると……

No image

無傷。

No image

すでに亀裂が生じていた裸のiPhone 8はディスプレイがバキバキに割れてしまいました。

No image

そして、背面のガラスパネルもバキバキ状態。保護ケースの威力がまざまざと見せつけられました。

No image

Ankerケース付きiPhone 8はテストを続行。頭上よりも高い場所からの落下試験を繰り返しても……

No image

無傷。ガラスパネルを守るために、保護ケースは頼もしい存在だと言えそうです。

No image

JerryRigEverything氏がテストしたAnkerのケースはAmazon.comで販売中。記事作成時点では10.99ドル(約1200円)のセール価格で販売されていました。このケースはiPhone 8でのワイヤレス充電にも対応するとのこと。せっかくのガラスパネルがまったく見えない状態になってしまいますが、愛機に傷一つ付けてなるものかという人には良さそうです。

No image

Amazon.com: iPhone 8 Case, iPhone 7 Case, Anker Shield+ Case Dual Layer Heavy Duty Protective Military-Grade Certified Protection [Support Wireless Charging] for iPhone 8 (2017) / iPhone 7(2016) -Black: Cell Phones & Accessories

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
無茶しやがって!ユーチューバー「iPhone8」を200°Cのワッフル機でプレスしてみた結果!
iOS12のコンセプト動画が公開!アイコンが丸くなり、デザインも刷新
「iPhone X」を他のモデルと並べるとiPhone Xが欲しくなる件について
ドコモCMで人気のポインコ兄弟、ついにスマホ用グッズが登場。iPhone X用ケースは本体同時発売
【iOS11】AirPodsダブルタップ時の動作を左右個別に設定する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加