近藤真彦「自分を褒めてあげたい」公道ラリー完走

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/18

近藤真彦(52)が17日、東京・明治神宮で、4日間のクラシックカー公道ラリー「ラ・フェスタ ミッレ ミリア2016」のゴールを迎えた。

今年で20回目を迎えた大会は、14日に明治神宮をスタート。群馬、新潟、長野、山梨、静岡、神奈川の1都6県を回り約130組が出走した。

18回目の出場となった今回、スタート前日には静岡・御殿場まで練習走行する気合の入れようだった。ゴール後には「自分を褒めてあげたい」と笑顔を見せた。

この日は朝から雨だったが「車は順調でトラブルもなかったけど、汗と雨でぐしゃぐしゃだった」と振り返った。今年はここまで芸能活動を控えていたが、「遊んだ分、仕事を倍頑張ります」と力を込めた。

レースには堺正章(70)も出場しており、マシントラブルを乗り越え完走。「スムーズにいくよりも、こういう大会の方が思い出に残る」と、満足そうに語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮引退にミッツ「誰か彼のそばにいてあげて」と注意喚起
コントかよ(笑) ご主人の息の根を何度も止めようとする猫の攻撃が止まらない!
コカイン報道で引退の成宮寛貴が隠したかった”恋人の存在”
CIAが「超・エスパー中国人」の存在を暴露! 中国は30年前から「超能力」を国家ぐるみで研究していた!
鷹の姿があまりにも威風堂々だったのでコラ職人頑張る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加