『ドラゴン・タトゥーの女』続編、D・クレイグの後任にスウェーデン人俳優

『ドラゴン・タトゥーの女』続編、D・クレイグの後任にスウェーデン人俳優

  • シネマカフェ
  • 更新日:2017/12/07
No image

ダニエル・クレイグ&スヴェリル・グドナソン-(C)Getty Images

もっと画像を見る
『ドラゴン・タトゥーの女』が公開されてから、すでに6年が経とうとしている。ついにキャストが決定し、2018年1月に待望の続編『The Girl in the Spider’s Web』(原題)の撮影がいよいよ始まるという。「Variety」誌が報じた。

今年9月に、前作でルーニー・マーラが演じたリスベット役を「ザ・クラウン」のクレア・フォイが引き継ぐことが発表されたが、今月に入り、ダニエル・クレイグが演じたミカエル役をスウェーデン出身のスヴェリル・グドナソンが演じることが決定した。

スヴェリルは、今年テニス映画『Borg/McEnroe』(原題)に主演し、テニス界の伝説的スター、ビョルン・ボルグを演じて知名度を上げた。その結果、映画やドラマなどの世界的データベース「IMDb」での名前の検索数が爆発的に増え、「IMDb」より「2017 IMDb STARmeter Award」を受賞している。

1作目がスティーグ・ラーソンの推理小説「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」を原作としているのに対し、今回の2作目は、ラーソンの死後、ダヴィド・ラーゲルクランツが発表した「ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女」をベースとしている。監督は『ドント・ブリーズ』のフェデ・アルバレス。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「前売り券に中居&木村の姿が!?」 園子温監督との約束果たした元SMAP『クソ野郎と美しき世界』
スター・ウォーズファンならわかる? 『最後のジェダイ』絶対許せないシーン5選
元SMAP映画に山内ケンジ監督起用で静岡県民が熱狂する理由
ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、『スター・ウォーズ』復帰の重圧を語る
ディズニーが6兆円で買収、20世紀フォックスも傘下に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加