マンU元CEO「中国は2034年W杯の開催国になれる」―中国メディア

マンU元CEO「中国は2034年W杯の開催国になれる」―中国メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2016/12/01
No image

30日、サッカーのイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーでCEOを務めたピーター・ケニオン氏は、中国は2034年W杯の開催国になれると語った。写真は12年2月、アイルランド・ゲーリック体育協会を訪れた習近平国家主席。

2016年11月30日、サッカーのイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーでCEO(最高経営責任者)を務めたピーター・ケニオン氏はこのほど、中国は2034年ワールドカップ(W杯)の開催国になることができると語った。環球網が伝えた。

ケニオン氏は、2050年までに世界のサッカー強豪国になるという目標を掲げる中国について、「オリンピックの開催国なら、W杯開催も可能だ。その可能性は最も早くて2034年だ」と指摘。「中国は海外サッカークラブの買収に積極的だ。中国が所有するヨーロッパのクラブは22ある。理論上は、こうした動きは中国にサッカーの良い経験を与えるはずだ」と述べた。

中国国内の報道によると、中国企業による海外サッカークラブの買収に投じられた金額は2015年の1年間だけで400億元(約6400億円)に上る。この勢いは今年も続いており、8月には3件の買収があった。(翻訳・編集/柳川)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女子大生1000人以上のヌード流出で大騒動
「中国人じゃないの?」「中国語話せないの?」=日中ハーフの青年が感じる欧米とアジアの違い
中国トップモデルのリウ・ウェン、驚きの食事内容にネットユーザー悲鳴「無理。俺はデブのままでいる」―中国
中国人留学生にアンケート、「米留学後に祖国の印象が良くなった」は44%―中国紙
日本を罵りながらも日本旅行を楽しむ・・・本心は一体?=中国報道

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加