ゾラ氏インテル監督就任要請あった「大志を抱けるものだった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/11/30

サッカー日本代表DF長友佑都の所属するインテル・ミラノの新監督就任について、元イタリア代表FWのジャンフランコ・ゾラ氏が「インテルのベンチに座りつつあった」と監督要請があったことを認めた。29日の有料放送SKYスポーツが報じた。

同氏は「インテルの監督の話はとても重要なクラブだけに大志を抱けるものだった。あの時の監督候補のリストの人たちは全員、有益な人材だったと思う。結果的に頭打ちになってしまったが、私をそれだけ評価してくれたというのをが誇りだ」と話した。ゾラ氏はパルマ、カリャリ、チェルシーなどでプレーした後、ウェストハム、ワトフォード、カリャリの監督を務めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
33戦無敗中のレアル、CLドルトムント戦でクラブタイ記録に挑戦
「ミスター・自信家」に何が起きたのか? ブンデスリーガでいまだ無得点のミュラー
シャペコエンセでのプレー希望。”アイスランドの英雄”が名乗りを上げる
グアルディオラ監督、アーセナルのエースと電話で密談。マンCに勧誘か
シャペコエンセのスダメリカーナ杯優勝が正式決定。南米サッカー連盟が発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加