最新ランキングをチェックしよう

ゾラ氏インテル監督就任要請あった「大志を抱けるものだった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/11/30

サッカー日本代表DF長友佑都の所属するインテル・ミラノの新監督就任について、元イタリア代表FWのジャンフランコ・ゾラ氏が「インテルのベンチに座りつつあった」と監督要請があったことを認めた。29日の有料放送SKYスポーツが報じた。 同氏は「インテルの監督の話はとても重要なクラブだけに大志を抱けるものだった。あの時の監督候補のリストの人たちは全員、有益な人材だったと思う。結果的に頭打ちになってしまった

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リオパラ金メダリストがネットで憎悪の対象に、FBで性的ないやがらせ
福原愛、夫の誕生日に「愛してる!」とラブラブ投稿―中国メディア
レスター、監督解任は選手が望んだこと? オーナーに不満を直訴か
中田英寿氏、電撃引退の真相を初告白 「何年後かに戻る可能性だってあった」
ポルト主将 左足を17針縫う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加