イヤホンにもなる脱着式スマートブレスレット「Earband」

イヤホンにもなる脱着式スマートブレスレット「Earband」

  • Techable
  • 更新日:2017/12/07
No image

クラウドファンディングサービス「Indiegogo」に出展された「Earband」は、ブレスレットとワイヤレスイヤホンが融合した製品である。

普段はスマホ連動のブレスレットとして収納されているが、用途に応じて基部から取り出し片耳イヤホンとして使用する。それがこの製品の特徴だ。

文章で書くと簡単だが、これが非常にスタイリッシュなデザインを実現させている。

完全ハンズフリーで通話

No image

Earbandは、殆ど横に突出していない形状である。すなわち、液晶画面とベルト部分の幅にあまり差がない。

アラーム付き腕時計としての機能はもちろんだが、iPhoneに接続すればEarbandでSiriを利用することができる。PR動画を見ると、Earbandを基部から取り外した状態でSiriを使っていることが分かる。

心拍数、血圧、歩数、カロリー計算などの健康管理もお手のもの。ビジネスだけでなく、スポーツをする目的で使用しても問題なさそうだ。

そして、そもそもが片耳イヤホンだから、基本的操作は表面のタッチパネルを指一本で触るだけ。両手が塞がってしまうことはまずない。電話をかける際も、Siriを利用すれば完全ハンズフリーで目的を果たすことができる。

すでに量産開始

No image

さらに特筆すべきは、価格と配送時期である。

Indiegogoの出資枠では、69ドル(7760円)からの提供となっている。日本円で1万円以内の価格で、しかも配送は来年1月から。この記事の執筆が2017年12月5日だから、わずか1ヶ月程度で製品が届くということだ。こうしたことは、クラウドファンディングではあまりない。

すでに量産体制に入っているようで、その様子もキャンペーンページ内で確認できる。

Indiegogo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
2017年冬の決定版!"完全ワイヤレスイヤホン"の狙い目モデル5選
【2017年まとめ】これからのWeb制作に必要なことと、心構え
簡単操作でウェブ上にデータベースを作成して視覚的に操作もできる「Airtable」を使ってみた
「1人で6時間で作った」 Twitterで匿名質問「Peing」人気、月間2億PV超えへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加