最新ランキングをチェックしよう

東京地検特捜部が狙いをつける「復興利権」の疑惑と闇

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2016/12/01

狙うは政財界の闇
東京地検特捜部が、自ら事件の端緒を掴んで捜査着手する特殊直告班を動かし、捜査着手したのは10月17日である。以降、関係各所の家宅捜索を行い、関係者の事情聴取を続けてきた。
捜索容疑は貸金業法違反――。
愛媛県松山市の業者が、都道府県知事の貸金業登録を受けていないにもかかわらず、埼玉県で建設業を営むT建設グループなどに金銭を貸し付けて無登録営業を行ったという事件である。
2010年

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小田急の「明日のことはとても考えられる状況にない」コメントが名言すぎると絶賛
【社畜】関東民、大雪で帰宅困難になりそうと言われているのに満員電車で元気に出社!
商品なく、店員不在...岐阜の異様なローソン 本社が想定外の事態が起きたと謝罪
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
民泊、性的暴行や盗撮など危険な宿・犯罪多発...京都、3千軒が違法施設か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加