松本人志、Amazon新番組早くも第2期製作決定に「誰、出そうかな」と意欲十分

松本人志、Amazon新番組早くも第2期製作決定に「誰、出そうかな」と意欲十分

  • 映画.com
  • 更新日:2016/11/30
No image

Amazonプライム・ビデオの新番組が配信開始

松本人志(ダウンタウン)によるバラエティ番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」が11月30日、Amazonプライム・ビデオで独占配信を開始し、都内で行われたイベントに松本のほか、出演者の宮川大輔藤本敏史(FUJIWARA)、くっきー(野性爆弾)、ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)、久保田和靖(とろサーモン)、アントニー(マテンロウ)、川原克己(天竺鼠)、ジミー大西が出席し、トークを繰り広げた。報道陣とともに本編の一部を見た松本は「笑いには様々なジャンルがあるが、“密室芸”というのは、前例のない試みだと思う」と番組の出来に太鼓判を押した。

“密室笑わせ合いサバイバル”のキャッチコピー通り、本番組では同じ部屋に集まった個性豊かな10人の芸人が、賞金1000万円をかけて互いを笑わせながら競い合う。「参加費100万円は自分で用意すること」「制限時間6時間」「笑ったら負け」「レッドカードが出たら即退場」というルールの下、最後まで残った1人が賞金を手にすることができる。イベント出席者のほか、斎藤司(トレンディエンジェル)、大地洋輔(ダイノジ)も出演する。

藤原が「一番の敵はジミーさん。ただいるだけで面白い」と評された大西は「皆仲良くできました」と独特のコメントをする一方で、前触れもなく本編のネタバレに言及。突然の展開に「あかん!」と松本たちが大笑いしながらツッコミを入れるが、大西は再び一同の制止を忘れたかのようにネタを暴露。笑いが止まらなくなってしまった松本は「腹痛い……しんど」と息も絶え絶えだった。

「松本さんから参加表明を促す手紙が届くところから企画がスタートしてます」と話す宮川は「舞台となる部屋に入るまでは誰が参加者なのかわからないように徹底している。楽屋から部屋に入るまでの緊張感に満ちた過程も映しています」と、笑いとスリリングな一面が組み合わさった作品になったことをアピール。また、久保田は「薬品の治験に参加して金を稼いだ」と語り、アンソニーは「周囲の芸人に借りましたが、使用目的をばらすことがNG。金に困っていると心配された」と告白し、参加費100万円を集めるために苦心した点を明かした。

この日はアマゾンジャパンのジェームズ・ファレル氏から、同番組の第2期製作の決定がサプライズで発表される一幕も。驚きを隠せない松本は、「(製作は)松本さん次第です」と問いかけられると「やります! 僕はやりますよ!」と意欲十分。腕組みをしながら「誰、出そうかな」と早くも構想を練り始めていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴が電撃引退「消えてなくなりたい」全文コメ
【大炎上】成宮寛貴さんの引退で『FRIDAY』のTwitterアカウントに批判殺到「責任とれよ」「みんなで力合わせてこの会社潰そうよ」
成宮寛貴、芸能界引退...ダウンタウン松本の「下手したら廃刊」発言が批判の矛先に
成宮引退にミッツ「誰か彼のそばにいてあげて」と注意喚起
【週刊誌への挑戦】フライデーを潰すために全力で『圧力』をかけてみた

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加