本田真凜 シニアデビュー戦へ好調アピールも...高地の会場「めっちゃきつい」

本田真凜 シニアデビュー戦へ好調アピールも...高地の会場「めっちゃきつい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックでシニアデビューする本田真凜(16=大阪・関大高)が14日、米ソルトレークシティーで最終調整した。女子ショートプログラム(SP)は15日に行われる。

No image

USインターナショナルクラシックの前日練習を終えた本田真凜

公式練習では2連続3回転ジャンプなどを次々と決めて好調ぶりをアピールした。だが、会場は標高約1300メートル。「めっちゃきつい。自分がどこにいるかわからない。記憶が飛ぶくらいです」。10日に現地入りして高地への順応に時間を割いてきたが、心肺への負担は想像していた以上に大きい。平昌五輪出場を狙う新シーズンの大事な初戦。「あとは気合が必要。今まで以上に集中して頑張ります」と気を引き締めていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦、“伝説の演技”を初解説!世界初披露となる新演技の完全速報も
羽生、モントリオールに到着 体調は「まあまあです」/フィギュア
本田真凜、シニアデビュー戦で示した“進化” 表現力で高評価並ぶ
羽生、今季初戦へモントリオール入り!好敵手フェルナンデスも出場/フィギュア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加