「監獄のお姫さま」にゃんこスターダンスも6・6%

「監獄のお姫さま」にゃんこスターダンスも6・6%

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/06
No image

TBS系連続ドラマ「監獄のお姫さま」の出演者

小泉今日子(51)主演のTBS系列火曜ドラマ「監獄のお姫さま」(火曜午後10時)の5日第8話の平均視聴率が6・6%(関東地区)だったことが6日、ビデオリサーチの調べでわかった。前回第7話は5・5%だった。

「逃げるは恥だが役に立つ」「カルテット」など好調が続く同局「火曜午後10時」枠を、小泉、菅野美穂、満島ひかりら豪華女優陣と、脚本の宮藤官九郎が盛り上げる。罪を犯した5人の女性と刑務官が、ある復讐(ふくしゅう)計画を企てるコメディー作品。さっそく、ブレイク中のお笑いコンビ・にゃんこスターのネタが登場するなど、クドカンワールド健在だ。

第8話は、カヨ(小泉今日子)は美容資格国家試験を受け見事合格、刑務所内にあるつぐない美容院で働くことになった。ある日、長谷川(塚本高史)がつぐない美容院に来店。つかの間の幸せな時間を過ごすカヨと長谷川だったが、突然入ってきた若井(満島ひかり)に復讐ノートを取り上げられ、懲罰房に入れられる。そんな中、千夏(菅野美穂)、明美(森下愛子)、リン(江井エステファニー)が仮釈放になり、カヨにしのぶ(夏帆)を託し出所していく、という内容だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジャニーズ名番組惨敗......今年の「ガッカリ番組」「良すぎた番組」をテレビ関係者がランキング
本田翼も加担『あらびき団』年末SPで不正発覚!東野「もう地獄でした」
『刑事ゆがみ』完璧な最終回...傑作すぎて「続きは続編で」的ラストでも批判ゼロ
市川紗椰、1年半ぶり『タモリ倶楽部』復帰「めっちゃ楽しみにしていた」
西島秀俊は『取り扱い注意』? 日テレが“タブー破り“で、ドラマ続編決定も黄色信号
  • このエントリーをはてなブックマークに追加