出場機会減少のロヴレンにミランが接近か...クロップ監督は残留を希望

出場機会減少のロヴレンにミランが接近か...クロップ監督は残留を希望

  • サッカーキング
  • 更新日:2019/06/12
No image

闘志溢れるプレーと歯に衣着せぬ発言でファンの心を鷲掴みにするロヴレン [写真]=Getty Images

ミランがリヴァプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンの獲得に関心を示しているようだ。12日、イギリスメディア『TEAMtalk』が伝えた。

29歳のロヴレンは、2014-15シーズンにサウサンプトンから加入して以降、リヴァプールのセンターバックで中心的な役割を果たしていたが、今季はケガの影響もあって出場機会が減少。フィルジル・ファン・ダイク(オランダ代表)、ジョエル・マティプ(カメルーン代表)、ジョー・ゴメス(イングランド代表)に次ぐ4番手に降格し、公式戦の出場は18試合に留まった。

そこで、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて新たなDFリーダーの獲得を目指すミランが、スタメンの確約を条件にしてロヴレンに近づいているようだ。

一方、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督はロヴレンに信頼を寄せており、契約を2年残している同選手の残留を望んでいるようだ。しかし、同選手が移籍希望を口にした場合、その放出を容認するつもりだという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「芸者とピカチュウに囲まれたハネムーン」 イカルディ夫妻の日本満喫旅行に海外も注目
ウルグアイとチリの激闘で起きたまさかのシーン。スアレスが乱入者を食い止めたDFの退場を要求!?【コパ・アメリカ】
四千頭身、宮下草薙らがABCお笑いグランプリ決勝進出
「久保のシュートは最後のスリル」イタリア紙が見たエクアドル戦、日本の”残念”なポイントとは?
南野のレッドブル・ザルツブルク、2019-20新ユニフォーム発表!衝撃の縦じまに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加