オーストラリアとフランスがデ杯決勝進出に王手

オーストラリアとフランスがデ杯決勝進出に王手

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/09/17
No image

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ、ワールドグループ準決勝、ベルギー対オーストラリア。勝利を喜ぶオーストラリアのジョーダン・トンプソン(右)とジョン・ピアーズ、レイトン・ヒューイット(2017年9月16日撮影)。

【AFP=時事】男子テニス、国別対抗戦デビスカップは16日、ワールドグループ準決勝が各地で行われ、オーストラリアはジョーダン・トンプソン/ジョン・ピアーズ組が6-3、6-4、6-0でベルギーのアルトゥール・デ・グレーフ/ルーベン・ベーメルマンス組を下し、戦績を2勝1敗として14年ぶりとなる決勝に王手を掛けた。

通算28度の優勝を誇るレイトン・ヒューイット監督率いるオーストラリアだが、最後の優勝は決勝でスペインを下した2003年大会となっている。

ブリュッセルでの一戦を終えてピアーズは「今日はすべきことがあり、最初から最後までそれをしっかりとできた。この観客の前でトンプソンとプレーしたことと僕らのパフォーマンスはただただ素晴らしいものだった」と振り返った。

17日に行われる第4試合で、ニック・キリオスがベルギーのナンバーワン、ダビド・ゴフィン(ベルギー)に勝利すれば、オーストラリアは決勝進出が決まる。

もう一方の準決勝では9度の優勝を誇るフランスが2勝1敗とリードを奪い、決勝に近付いた。

フランスは地元リールで、ニコラ・マウー/ピエール・ユーグ・エルベール組が6-1、6-2、7-6(7-3)でセルビアの監督兼選手である41歳のネナッド・ジモンイッチとフィリップ・クライノビッチのペアを退けている。

フランスは15日の第1試合でリュカ・プイユが格下のドゥサン・ラジョビッチに敗れたこともあり、まだ決勝への切符を手にできていない。

フランスは2001年大会を最後に優勝から遠ざかっており、それ以降では2014年大会でロジャー・フェデラー(スイス)を擁するスイスに敗れるなど、3度の決勝に進出しながらもタイトルを手にできていない。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女子は早稲田大学が優勝、2位は筑波大学 [H29関東大学テニスリーグ]
トップ2シードのムグルッサとプリスコバが準々決勝へ [東レPPO]
バド奥原、世界女王の貫禄 次は難敵プサルラ戦、名勝負再現に注目
西日本大会がスタート、ベスト8が出揃う [全日本テニス選手権]
[最新WTAランキング] 9月18日付

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加