ユダヤ人歴史学者とホロコースト否定論者の裁判の行方は?「否定と肯定」予告編

ユダヤ人歴史学者とホロコースト否定論者の裁判の行方は?「否定と肯定」予告編

  • ナタリー
  • 更新日:2017/10/11

ナチスドイツによるユダヤ人大量虐殺、ホロコーストを巡る裁判を題材とした「否定と肯定」の予告編がYouTubeで公開された。

No image

「否定と肯定」

すべての写真を見る(全3枚)

No image

ユダヤ人歴史学者であるデボラ・E・リップシュタットのノンフィクション「否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる戦い」をもとにした本作では、アメリカの大学でホロコーストの事実を伝えてきたリップシュタットと、「ユダヤ人の大量虐殺はなかった」と主張するイギリスの歴史学者デイヴィッド・アーヴィングの対立が描かれる。監督を務めたのは、「ボディガード」のミック・ジャクソン。「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズがリップシュタットを、「ターナー、光に愛を求めて」のティモシー・スポールがアーヴィングを演じた。

予告編には、アーヴィングの策略によりリップシュタットが英国の司法制度のもと名誉毀損で訴えられる様子を収録。不利な状況の中、リップシュタットは真実を正しく世界に伝えるため、法廷で真っ向から立ち向かうことを決意する。

「否定と肯定」は、12月8日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。なお10月末にはリップシュタットが来日する。

(c)DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
二宮和也、「役づくり」に違和感
10月21日の注目映画第1位は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
山崎賢人は“ボケの人” 「斉木楠雄のΨ難」新井浩文&福田雄一監督と明かす撮影風景
美談には裏がある?書籍「映画になった奇跡の実話」発売
江戸時代なのに「超リアル」知られざる江戸絵画の世界にご招待

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加