キャリアの料金プランの個性がなくなって横並びに!スマホの料金値下げ騒動、得をしたのは誰?

キャリアの料金プランの個性がなくなって横並びに!スマホの料金値下げ騒動、得をしたのは誰?

  • @DIME
  • 更新日:2019/05/26
No image

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回はドコモの新料金が及ぼす影響について議論します。

No image

石川氏:結局、横並びになるんだよ。1つ前のプランは多様性があって選びようがあった。たくさん使う人はソフトバンク、家族はドコモ、中途半端なauみたいな。

No image

石川氏

No image

ソフトバンク株式会社 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮内 謙氏

石野氏:中途半端はひどい(笑)

No image

石野氏

法林氏:おひとり様あるいは若い人たち。

No image

法林氏

石野氏:Netflixを観る人。

No image

石川氏:Netflixが大好きな人はauという風になっていたのに、総務省が完全分離プランだといってドコモが変えたことによって、昔の7GB上限のときのような3社横並びになり、ピタッとくっついて同じになって硬直化する。そうしたら、また総務省が3社横並びでけしからんと言い始めるというのが目に見えてる。

法林氏:せっかく多様性があったのに。

石野氏:多様性があるプランだったら横並びにする、横並びになったら多様性を出せ、その繰り返し。

法林氏:総務省は「あなたたちはキャリアであって、端末の販売店ではないでしょ」という言い方をして、端末に関しての割引をすることは良くないことだと説明している。それは確かに分かるんだけど、「これをやっちゃダメ、あれはやっちゃダメ」と有識者会議からあがってくるネタは考え方が古いというか、硬直化している感がある。それがそのまま、今回のドコモの新料金プランに現れちゃっている感じがする。僕は、シェアパックは、考えようによっては理にかなっていた気がするし、あれを止めたのは致命的なミスだと思う。シェアパックがなくなることで「じゃあもう安いからMVNOとかY!mobileとかに行くよ」「僕はたくさん使うからソフトバンクに行くよ」みたいなユーザーが出てきてもおかしくない。

石野氏:逆の立場でいうと、MVNOはホッとしたと思う。

法林氏:個別にMNPで取りやすくなるよね。お父さんだけ30GBとかソフトバンクの50GBを選んで、子どもたちは今までシェアパックだったけれど、ギガホにするかギガライトにするか考えなきゃいけない。「面倒くさい、子どもはIIJにしなさい」みたいな感じになっちゃう。

石川氏:あと、長期ユーザーが冷遇されている感じがする。これを機会にドコモを止める感じにもなる気がする。

石野氏:今までは毎月ポイントをくれていたのに、誕生月だけになって、トータルのポイント量が少なくなっている。

法林氏:誕生月にまとめてもらっても困るんだけどという人もいる。

石川氏:しかも自分の誕生日は4月だし。

法林氏:(笑)

石野氏:僕は5月ですよ。最悪。丸々1年待たなきゃもらえない。

石川氏:長期ユーザーが冷遇されているんじゃないかと質問したら「それを含めた料金値下げだ」という言い方だった。それは理にかなっているといいつつも、ドコモの良かったところがすべてなくなってしまって大丈夫かなと。

法林氏:いろいろ言われたけれど、実はバランスが取れていたんだなって改めて思い直した。

石川氏:既存プランをみんなに理解してもらって、そこから値下げする努力をすべきだった。既存プランから値下げすればみんな納得したのに、新料金プランになってルールが変わったり、長期ユーザーが冷遇されたりして混乱しちゃうという。

法林氏:「シェアパックを一律1000円下げます」とか「1割下げます」とかで良かったと思う。その方がよっぽど良かったと思う。

石川氏:例えば、50GB設定のプランを1500円下げれば、みんな上のプランに行こうとするから、結果としてハッピーな気がする。

石野氏:それはたぶん、経営企画的に考えると、1か月の間に収益が絶対ドスンと落ちるので、株価を維持するためにはできないやり方。

法林氏:でも、5年、10年に1回の転換であることを考えると、それくらいのことをやっても良かったんじゃないかと思うけどね。金勘定を考えすぎたかなという気がする。意味不明な割引もある。ファミリー割引のグループは3回線以上で一律1000円割引。そのグループ内にドコモ光を契約している人がいたら、また全員1000円割引。それって何の因果関係があって1000円引いているんだろうって考えるわけですよ。

石川氏:それはソフトバンク対抗だなって感じがする。

石野氏:割とソフトバンクに近いですよね。

石川氏:ソフトバンクは実質1択。

法林氏:1択ですよ。50GBプラン(ウルトラギガモンスター+)しかない。

No image

石野氏:ドコモは、ソフトバンクの「ミニモンスター」をちょっと使いやすくした感じですね。

法林氏:auのピタット/フラットプランが出たときには、ケースバイケースで選べるかなと思ったし、ソフトバンクのときは、使う人だったら50GBに行くよねと思った。今回のドコモの新プランは決めようがない感じだよね。

石川氏:7GBから20GBの人はどうしたらいいのって感じ。

石野氏:まさに僕ですよ。今まで20GBプランを契約していた人をフォローするプランがないんですよね。

法林氏:今回の件は、通信料金を高くすることで得た利益を、月々サポートのような端末割引で使うのはけしからんという指摘から、分離プランにしましょうという話になった。だけど、冷静に考えると、僕らが毎月使っているデータ量はだいたい余るじゃないですか。余って翌月に繰り越したけど、結局それも一部しか使わず捨ててしまうことがある。この部分がムダになっていると思っていたけれど、考え方によっては端末購入サポートとして僕らに還ってきていたとも言えるよなと。月々の携帯電話料金は後払いではあるけれど、払った金額まで使わないケースが結構ある。かけ放題も、カケホーダイプランの料金として2700円払っているけれど、今月話したのが全部5分以内だったとなれば、1000円分ムダになっている。そのムダはキャリアの儲けになるけれど、端末購入補助として僕らに還ってきても良かったよね。そういう世界の方が幸せだったんじゃないかと思い直しました。

石川氏:そこが儲けの要ですからね。

法林氏:総務省の着眼点が古いというか、有識者の考え方自体が古すぎる。

石川氏:有識者会議は野村総研の北さんを中心に「完全分離こそ正義だ、こうすれば料金プランは安くなる」と言っているけれど、分離プランが出て、通信料金が安くなっているかといったら、安くなっていないわけですよ。これで競争が起きるかといったら、たぶん起きなくて、ピタッとみんな貼り付くわけですよ。そうしたら誰が責任を取るのか。総務省は責任を取れるのかと。

石野氏:彼ら的には「だから楽天モバイルが……」と。

法林氏:下がらなかった分の金額はですね、毎年4200万円ずつ各研究室を通じて教授に渡っているわけですよ(笑) 一部で報道されたけど、下がらなかった分の金額はですね、各研究室などを通じて教授や有識者に渡っているわけですよ(笑)

房野氏:ドコモは料金プラン自体はシンプルになりましたけれど、割引がいろいろあって分からないという感じです。

No image

房野氏

石野氏:そうなんですよね。結局、後から通話オプションを付けるので、基本プランの見せ方を変えただけだよねって感じもする。

法林氏:だったら、音声オプションは最初から全員適用でいいじゃんって。

石野氏:それをすると割高感が出ちゃうから。

法林氏:割高感のある、そのムダがきっとあなたの端末代金になるんですって(笑)ムダがあった方がいいんですよ。

石川氏:5000万人の携帯電話ユーザーがいるドコモで、みんながみんな納得できる料金プランをシンプルに作るのは無理。

法林氏:そうだよね。

石川氏:たくさん使う人もいれば、全然使わない人もいるので、同じ料金体系は不可能。だったら安い人向け、高い人向け、いっぱい使う人向けってならざるをえないし、その中でも電話する/しないとかもある。ユーザーがちゃんと勉強して、自分に最適なプランを見つけるしか答えはないんだなと思う。

4割下がる1GB未満のユーザーが4割?

石野氏:気になったのが「1GB未満のユーザーが4割」という発言。「家族3回線以上で使っている人が7割」という細かいデータも出してきて、おっと思った。

法林氏:あれは納得させたいための詭弁(きべん)。

石野氏:1GB未満が4割って。ドコモは年配のユーザーも多いので、ある程度納得はするんですけど……。

石川氏:あれは、総務省が「使わない人向け料金プランを作れ」といったときにも表には全然出てこなかった数字。有識者会議の中でデータとしては出たけれど、表には公開されなくて、しかもその頃は7GBプランしかなかった。小容量プランが少なかったにも関わらず、主力は1GB以下だったということに驚いた。今さら出してくるなよって言いたい。

石野氏:うん、今さら。しかも4割もいるんだと。“寝かせ”回線も入っているんじゃないかという疑惑もちょっとある。

房野氏:ちなみに、ドコモの新料金プランはMVNOへ影響しますか?

法林氏:今の段階では、MVNOはそんなにダメージを食わないと思います。1回線で契約する場合、1か月1600円で済むような回線は今のところないので、そこはたぶん、MVNOにも配慮があったかな。

石野氏:端末は端末、料金は料金で比べやすくなるので、この水準だとMVNOの方が安い。いわれていたほど影響は受けないかなって気がしますが、それとは別に、Y!mobileやUQ mobile、最近だとLINEモバイルも速度が十分であの値段なので、それらの方がMVNOにとっては驚異になっている気がする。

石川氏:ドコモの新料金プランも1980円からってことで前と変わらないんだけど、なんとなくドコモが安くなったイメージが付いているので、そうなると「MVNOに乗り換えなくてもいいか」「楽天が新規参入するけれど別にいいか」みたいな感じになるかなと。

石野氏:そうなりますよね。ちょっとびっくりしたのは「安くなった」と連呼していて高評価だった番組もあったこと。ホントか? って。なんでテレビでこんなに評価が高いんだと。

房野氏:業界内では、そんなに変わらないという意見が多かったと思いましたが。

法林氏:相当、ひどいと思いますよ。「全然安くならない」という声がTwitterでは圧倒的に多かった。

石野氏:1GB未満のユーザーが4割もいたら、そりゃ安くなる人の声はTwitterには上がらないですよ。

石川氏:上がらない。Twitterを使う人は1GBを超えるから。

石野氏:そう思いました。

法林氏:1GB未満の人って、どういうユーザーなの? 本当に“寝かせ”回線なんじゃないかって思うわけですよ。

石野氏:もしくは年配の人や、端末購入補助で端末をもらうために買った予備回線か。でも、それが4割もいるのかというのは、やはり驚きました。

法林氏:僕たちがテスト用に持っている回線はあまりデータを消費しないけれど、普通に契約した端末は普通に使えば1GB以上は行くよね。

石野氏:らくらくホンかららくらくスマートフォンに変えた人とか。ドコモはらくらくホンの累計が4桁万台行っているぐらいなので、結構な数の高齢者がいる。そういう層とか。

No image

ドコモ「らくらくスマートフォン me」F-01L

法林氏:らくらくホンは潜在的にユーザーが減ってきているけれど、アクティブシニアと呼ばれる人たちが増えてきていて、そういう人たちはスマホを外に持っていく。持って歩けば、通信が発生するので、もっとデータ通信量が増えるはずなんですよ。1GB未満ユーザーが4割もいるっていうんだったら分布図を見たいよね。

房野氏:その1GB未満の人たちが一番安くなるわけですか?

石野氏:そこは確かに1980円ぽっきりになるので、安いですよね。

石川氏:そういえば産休中の奥さんがギリ1GBで収まっていたかな。

石野氏:あー。

石川氏:復帰したら3GBとか4GBになりました。

法林氏:普通に働いている人はそうだよね。

房野氏:産休中の人だとしたら、すごい限定的ですね……。

法林氏:Wi-Fiがない環境でどれくらい使っているかも影響するね。僕が少ないのはクルマの移動が多いから。

石川氏:自分は電車だからガンガン使います。

法林氏:クルマで使ったら捕まる。

石野氏:1GB未満のユーザーは、若い世代ではなさそうですね。このプランは有識者会議の人たちが納得するプランではあるんですよね。「私たちが4割安くなった!」って。

房野氏:有識者の方々って、そんなに使わないんですかね。

石野氏:菅官房長官は使ってないでしょうね。

法林氏:官房長官はフィーチャーフォンじゃなかったっけ。

石野氏:安部総理がフィーチャーフォンですね。

石川氏:で、iPadでQRコードを読み取ってキャッシュレスで買い物をする。

石野氏:iPadだったら1GB未満で済むかもしれない。今回の料金プランは“官房長官納得プラン”ではあるんですよ。官房長官が「お、僕、4割安くなっているな」みたいな、そういうだましが入っているような感じ。

石川氏:いやいや、海外と比較しても安くなってないから。

法林氏:官房長官の6月の料金をぜひ発表して欲しい。でも実は官房長官はドコモユーザーじゃなかった、実はソフトバンクだったっていうオチが付いたりして。

5Gスタート時に新たなプランが登場する

房野氏:これでひとまず料金のゴタゴタは落ち着くんですか?

法林氏:終わらないですよ。

石野氏:終わらないですね。まず、ドコモのプランも本当にこのまま来年まで持つか、ちょっと怪しいところがある。1つはまだ電気通信事業法の改正を受けた省令やガイドラインができてない。(座談会実施時点)

石川氏:それによってはプラン内容の修正を迫られる可能性がある。

法林氏:僕も「シェアパックを復活せよ」と修正を迫りますから。意地でも復活させたい!

石野氏:あと、5Gが来年の春に始まるので、そのときには「違うものをもにょもにょもにょ」みたいなことをNTTドコモの吉澤社長が言っている。

石川氏:たぶん“ギガホ5G”だよ。

石野氏:そう、そういうのを加えるだろうなと。

法林氏:5Gの端末を買った人が選べるギガホのプラン。

石川氏:5G端末向けのプランで、上限30GBじゃなくて使い放題という立て付けになると思う。

石野氏:うんうん。そういうのがあると思うので、これだけではなさそうな感じがしますね。

房野氏:だとしたら、ユーザーはどうしたらいいんでしょう。様子見がいいんですか?

法林氏:docomo withですよ。

石川氏:今、端末を買おうと思っていた人は駆け込みで5月末までに買う。今、分割払いを払っている人は、それが終わるまで待つ、かな。

石野氏:調度よく2年前に端末を買った人は、新プランに変えてもいいかもしれないですけど、他の人は安くなるわけではないので、様子を見つつ、5Gのプランが出てきたときに改めて考えるくらいでもいいかもしれない。

法林氏:5Gもエリア次第。電波を受けられる場所が限られるだろうから。

石川氏:ただ、5Gのプランを契約しても、別に5Gにつながってもつながらなくても関係ない。“ギガホ5G”で使い放題になったら4Gエリアでいっぱい使ってもいい。

石野氏:でも5G端末がマストで必要。なので、これで終わりじゃないとは思います。

石川氏:10月に楽天が参入したからといって大手3社が動くとは思えないので。

No image

楽天株式会社 代表取締役会長兼社長 三木谷浩史氏

房野氏:通信キャリアはこれからどう対応したらいいですか?

石川氏:すぐに動かなくてもいいような気がしている。ドコモのサービスが実際に開始する6月以降にユーザーがどっと動くとか、反響が良かったりしたら、その時に考えればいいような気がします。

石野 多少は動くと思うけれど、言われてるほどは動かないなぁって気がする。

法林氏:厳しいと思うなぁ。

石川氏:定額制と従量制という2つの柱になって、それが各社同じような設計なので、これから劇的に変わるってこともないし、完全分離プランという枠の中でやらなきゃいけない。それぞれキャリアの料金プランの個性はなくなりますわな。

房野氏:9月にまた新しいiPhoneが出たときに……。

石川氏:そこかな。そのタイミングまで待つ方が、キャリアとしてはやりやすいかもしれないですね。

石野氏:ソフトバンクはなんだかんだ毎年そこで新プランを発表していますし。“ギガホ5G”とか先取りしそうな気がしないでもないですし。

法林氏:“ギガホ5G”、先に商標を取っておけばいい(笑)

石野氏:ギガホが取られているからダメだと思います(笑)

端末の4年割賦は利用できそうだがショップは苦しくなる

石野氏:ここまでシンプル、シンプルと言うんだったら、プランを2つ用意するのもやめて全部段階制にして、「ユーザーはこのプランにしか入れません」ってくらい思い切れば良かったのになと思った。ギガホも、なぜソフトバンクが50GBプランを出している中で30GBまでなんですかと。30GBの上限に到達した後に1Mbpsに落ちるんだったら、その制限は不要ではとも思った。仮に50GBにしたところで、ネットワークに与える負荷は変わらない気がする。なんか思い切りが足りない感じがしましたね。まぁ、5G用に強烈なプランは取っておいているのかもしれないですけど。

房野氏:iPhoneの最新モデルを毎年買い換えているような人たちは、すごく大変になりますよね。

石野氏:そうですね。

石川氏:大変しかないですよ。

石野氏:iPhoneを毎年買い換えている人はお金を持っているので、料金プランの2000円とか3000円の違いはあまり気にしないと思いますけどね。

石川氏:回線もいっぱい持っているだろうしね。

房野氏:auがやっている買い換えの「アップグレードプログラム」みたいなものも、今後出てくる可能性はありますか?

石川氏:ドコモはアップグレードプログラムの4年割賦に対しては批判的な意見を述べていたんですよ。

石野氏:吉澤さんは「あれはけしからん」と。今回も言っていましたよ。

石川氏:言っていたよね。一度、MWCのときに日和った発言をしたけれど、また戻ったのよ。

石野氏:迷いがあった(笑)

石川氏:だから、ドコモが4年割賦をやったら「は?」みたいな感じにはなる。とはいいつつも、高い端末を2年で分割させたら、月5000円コースでしょ。そりゃ負担は増すよね。

石野氏:4年割賦というか、アップグレードプログラムがけしからんと言っていたので、アップグレードプログラムなしの4年割賦はあるのかなって。

房野氏:4年割賦は総務省がダメだと言っていませんか?

石川氏:公取委がダメと言っている。

法林氏:そこも勘違いしているところがある。アップグレードプログラムは継続加入が必要というマイナス要素があって、それをダメと言ってるけど、割賦払いそのものは24回だろうが48回だろうが公取委がどうのこうの言うことでもない。だったらその前にクルマの残価設定ローンをどうにかしろと思うわけじゃないですか。なので気にしなくていい。なお、ドコモの回線を解約しても、割賦の分割は払い続けられる。それすらちゃんとアナウンスができていない状態。ひとえにキャリアの説明不足。それに尽きる。

石野氏:まぁ、4年割賦はあるかな。

石川氏:たぶん4年割賦はやるんじゃない。

房野氏:ショップがまた混乱しそうですね。

石野氏:そうですよね。

法林氏:あの割賦にさせたい感じが、なんか嫌というか。裏の債権売買が見え隠れして、すごく嫌だ。

石野氏:そのおかげで金利手数料がかからないというメリットはありますよね。でも、それに若干甘えて、メーカーがどんどん端末の値段を上げているところがある。そりゃ高ければ高いほど収益が上がりやすくなるので、メーカーにとっては良いことですけど、昔、スマホはハイエンドでも5万円くらいだった。それが気がついたら15万円とか30万円とかになっているので、割賦でごまかしている。

房野氏:端末の値段が上がって行く中で、分離プランは大変な感じがするんですけど、ハイエンドを求めなければいいってことでしょうか。

石野氏:そうですねぇ。ハイエンド端末を求めなければ、料金は今まで通りか安くなる可能性があります。でも、ミドルレンジ端末は性能が良くなったとはいえ、アプリはハイエンド端末に合わせて良くなっているので、ミドルレンジ端末で使っているとだんだん遅くなってくることがあるし、今までハイエンド端末に慣れていた人が急にミドルレンジの端末にすると、カメラの画質とかいろいろ納得できないところが出てくるかなと。やっぱりミドルレンジ端末は厳しく見るとちょっと操作感が悪いところがある。

房野氏:ところで、こうなるとSIMロックって意味がなくなりますよね。

石川氏:分離プランになると、どこで買っても関係ないって感じになりますし、キャリアショップで買わなくていいじゃんってことになります。そうするとショップは経営が成り立たなくなるので、バタバタとなくなっていき、最終的にユーザーがいざというときに頼る場所がなくなっていく。これは本当は国民からすると非常に大きな損失なんじゃないかって気がしています。

法林氏:なんだかんだいってショップはサポート窓口としては秀逸なので。キャリアによってだいぶ差異もあるけれど。

房野氏:良くも悪くも新料金プランはいろいろな影響を与えそうですね。

法林氏:僕はなんとかしてみんなでシェアパックを取り返したい。

石野氏:ここにシェアパックを入れたら、めっちゃ複雑になっちゃいますよ。

石川氏:裏メニューを作ってほしいですね。15年以上ドコモで契約してる人が、ある日、My docomoを開くと怪しいリンクがあって、それをクリックすると裏メニューに入っていく、みたいな。

石野氏:口外禁止、SNS禁止。

石川氏:NDA(秘密保持契約)にサインしなきゃいけない。そうすると懐かしのプランが出てくる。シェア禁止なんだけどシェアできる、みたいな。

石野氏:そういうゲーム性、欲しいですね。

......続く!

次回は、5G開設認定書が交付され、ついに始まるスマホ5Gについて話合います。ご期待ください。

No image

法林岳之(ほうりん・ たかゆき)

Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

No image

石川 温(いしかわ・つつむ)

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、2003年に独立。国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップルなども取材。NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師役で出演。メルマガ「スマホで業界新聞(月額540円)」を発行中。

No image

石野純也(いしの・じゅんや)

慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

No image

房野麻子(ふさの・あさこ)

出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
遅い車の邪魔をせず、速い車だけ邪魔をする、非ニュートン流体を活用したスピードバンプ
Windowsマシンの電源関係を制御する「Powercfg」コマンドを極める
新しいキログラムの定義は、この語呂合わせで覚えよう
きわめて危険、しかも違法な携帯の充電方法
ロボット掃除機「ルンバ」が月額1200円で使用できるサブスクリプションサービスは本当にお得?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加