伊達政宗が右目の視力を失い「独眼竜」になった原因は? 現代の医師が診断

伊達政宗が右目の視力を失い「独眼竜」になった原因は? 現代の医師が診断

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/10/12
No image

伊達政宗がもう一世代早く、また京近くに生まれていれば天下の覇を争うこともできたかもしれない (※写真はイメージ)

歴史上の人物が何の病気で死んだのかについて書かれた書物は多い。しかし、医学的問題が歴史の人物の行動にどのような影響を与えたかについて書かれたものは、そうないだろう。

日本大学医学部・早川智教授の著書『戦国武将を診る』(朝日新聞出版)はまさに、名だたる戦国武将たちがどのような病気を抱え、それによってどのように歴史が形づくられたことについて、独自の視点で分析し、診断した稀有な本である。本書の中から、早川教授が診断した伊達政宗の症例を紹介したい。

*  *  *

【伊達政宗(1567~1636)】

人間、生まれた時期と場所による運不運がある。戦国後期、東北地方を制覇した伊達政宗がもう一世代早く、また京近くに生まれていれば天下の覇を争うこともできただろう。

伊達家は鎌倉時代から陸奥に勢力のある豪族だった。17代当主政宗は永禄10年(1567年)8月3日出羽国米沢城で生まれた。幼名梵天丸。18歳で父・輝宗の隠居を受けて家督を相続したがその直後、父が畠山義継に拉致され、父、義継ともに鉄砲で射殺という悲劇が起きる。反伊達を旗印とした奥州諸侯連合との激戦を経て、南奥州の大半を支配下に置いた。しかし、この時点で豊臣秀吉がほぼ天下を統一、志半ばにして天正18年(1590年)小田原に参陣した。その後は豊臣大名そして徳川大名としておとなしく振るまうが、領国の経済と軍備整備、支倉常長のローマ教皇庁派遣など、天下への思いは失っていなかった。3代将軍家光の治世となった寛永11年(1634年)頃から食事不振と嚥下困難が生じ、寛永13年(1636年)5月24日、死去。食道や噴門など上部消化管の悪性腫瘍ではないかとされている。

■独眼竜

政宗といえば、独眼竜であるが、これは江戸時代に頼山陽がつけたあだ名で、在世当時のものではない。彼が片眼であったことは有名だったが、本人はこれを気にしていたらしく肖像画はすべて両方とも健眼に描いている。刀の鍔の眼帯は、東映時代劇の産物である。

政宗がなぜ、右目を失ったかということについては、天然痘によるものであるという点で医史学者の意見は一致している。天然痘は非常に致命率が高く、治癒した場合でもひどい瘢痕を残す。皮膚では痘痕になるし、眼にできれば失明する。種痘の普及する江戸末期まで、日本人の失明原因としては最多のものだった。

天然痘は古代エジプトのミイラに痘痕がみられるなど、歴史を通じてパンデミックを繰り返している。新大陸では住民に免疫がなかったため、スペイン人征服者の到来とともに全人口の90%以上が天然痘で死亡した。日本には6世紀に渡来人によってもたらされ、敏達天皇や藤原四兄弟など天皇や高位貴族が次々に犠牲になり、以後戦国時代まで流行を繰り返す。

■種痘の効果

西洋でも同様だったが、牛痘にかかった乳搾り女が痘瘡に罹らないことに注目した英国の医師エドワード・ジェンナーが1796年、近所の貧しい少年ジェームズ・フィップスに牛痘を接種し、予防効果を証明した。現在ならば倫理委員会が絶対に許さない人体実験だが、ジェンナー自身も気が咎めたらしく、後にフィップスに経済援助したり家を与えたりしている(たかられたという説もある)。

牛痘接種は瞬く間に欧米各国に広がり、日本にも1810年にロシア経由で中川五郎治が伝えたが、秘伝の治療で高額の報酬を要求したため普及しなかった。日本で本格的に種痘が普及したのは嘉永2年(1849年)で、オランダ人の医師モーニッケが蘭領バタヴィア(ジャワ島)より長崎に運んできたものを佐賀藩の藩医楢林宗健が佐賀藩主世子はじめ同地の貴賤男女に広く接種した。これを受けて幕府は神田お玉が池に種痘所を設置、これが後に東京大学医学部の母体となる。江戸末期には全国で広く種痘が行われるようになった。天然痘はヒト以外に感染せず、種痘で完全に予防ができるので、WHOが中心となった天然痘撲滅プロジェクトにより1977年以降発症者は出ていない。

面白いことに、天然痘根絶に役立った種痘ワクチンはワクシニア(ワクチニア)ウイルスである。種痘の創始者ジェンナーが牛痘を用いたことから、現在でも種痘は牛の痘瘡ウイルスと思っている方が多いが、両者はまったく別ものである。ワクシニアは世界中の医療機関や研究所のみに存在し、自然宿主は不明である。その起源として、牛痘ウイルスあるいは痘瘡ウイルスが動物や人間の皮膚で継代されている間に変異を起こしたものであるとも、両者の交雑ウイルスとも言われている。いずれにせよ、オリジナルの牛痘よりさらに副作用が少なく、19世紀半ばにはこれに置き換わった。近年ワクシニアと馬痘ゲノムに類似性があることが指摘されているが、先人が副作用の少ないウイルス株を求めているうちに、牛から馬に置き換わったのだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【お値段以上すぎ】1690円のニトリ抱き枕、中毒者が後を絶たないワケ
「女の子のひとりエッチ」大調査!みんなはどんな風にしているの?頻度は?
ADHDの息子が、保育園で「つるし上げ」にあった日
「テレフォン人生相談」で回答者が泣いて説得 41歳の娘の結婚を反対する母親と対決、「保存版」と絶賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加