早実の秋季大会辞退は部員9人による問題行動か

早実の秋季大会辞退は部員9人による問題行動か

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/09/15
No image

早実の練習グラウンド

高校野球屈指の名門で、春夏甲子園1度ずつ優勝の早実(東京)が、開催中の秋季東京都大会への出場を辞退したことが13日、分かった。

この日までに東京都高野連に辞退届を提出し、受理された。同大会は、センバツ甲子園出場校を決める重要な判断材料であるため、来春甲子園は絶望的となった。辞退の理由について、近く学校が公表するとみられる。

この日、都内で日本学生野球協会による審査室会議が開かれ、高校15件の処分が決まった。その中で、都道府県、校名とも非公表の1件が報告された。部員9人による問題行動が今月9日に判明したもので、同12日から12月11日まで3カ月間の対外試合禁止を科された。早実の案件とみられる。15日に早実グラウンドで、錦城学園と秋季大会1次予選1回戦を行う予定だった。当初は8日だったが、雨のため順延されていた。

OBには、ソフトバンク王貞治球団会長(79)、日本ハム荒木大輔2軍監督(55)、斎藤佑樹投手(31)、清宮幸太郎内野手(20)ら多くのプロ野球選手がいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大阪桐蔭が兄弟校対決制す エース・藤江が4回ゼロ封
神村学園軸に優勝争い? レベルの高い上位争いに期待【秋季鹿児島県大会 展望】
桐光学園 横浜撃破し4強 “二刀流”安達が6安打完封&先制適時打
大阪桐蔭が圧勝 大産大付との「ご近所対決」制す
仲邑菫初段、若鯉戦で羽根彩夏初段と対局
  • このエントリーをはてなブックマークに追加