中国ではあり得ない! 2376円で甦る『20年前の日本製ACEのスーツケース』

中国ではあり得ない! 2376円で甦る『20年前の日本製ACEのスーツケース』

  • Global News Asia
  • 更新日:2018/02/14
No image

スーツケース内側

No image

メーカーから届いた、取り付け方法と、部材

No image

ピックアップハンドルが欠損したスーツケース上部

2018年2月14日、大量生産、大量廃棄の中国。物を修理して大切に使い続ける文化は、高度成長の中で失われてしまった。

顕著な例としては、2011年の高速鉄道の事故車両を埋設し、非難を浴びて戻したケースがあった。中国製品には、まだまだ粗悪品が多いのが現状で、スーツケースはすぐに壊れることが多い。価格にシビアな中国では、安さと分かりやすい機能(軽さ)が最優先され、耐久性が重視されることは少ない。

20年前の日本製ACEのスーツケース(当時3万5千円)は、使えば使うほど味がでる。立てて転がし運ぶタイプのもので、経年劣化で破損したハンドル部品をメーカーから取り寄せ交換することが出来る。当該製品のハンドルは2,376円だった。使い捨て文化の中国ではあり得ないことに多くの中国人は驚愕。

軽い・安い・丈夫と3拍子揃ったショッピングサイトを信じて、ネット通販で1万5千円の大型スーツケース(中国製)を購入した中国人のAさん。2回連続でスーツケースが壊れた。

最初は、中国の天津空港で角の部分が15cm割れた。2回目はバンコクから羽田のフライトで、台座の一つが欠損したのだ。取り換え部品、入手困難とのことで修理は断られてしまった。ネット通販のバックは購入から約6ヵ月、4回の渡航で2度の災難に見舞われた。

ACEはサムソナイト・ブランドのライセンス生産を終了し、2005年から自社ブランドの「PROTECA(プロテカ)」を立ち上げ、素材から組み立てまで一貫して日本国内でスーツケースを製造している唯一のメーカー。アフターサービスも充実しており、ラゲージ業界初の航空会社による破損も保証対象とする3年間の無償製品保証「プロテカプレミアムケア」を備えている。

地球環境破壊が叫ばれる昨今、中国でも環境保護の観点からも品質の高いスーツケースへの生産転換が必要だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本では「道に迷っても怖くない」、日本人は「時間や労力を割いてまで助けてくれる」=中国メディア
台湾地震、「日本の救援は拒否された」とでっちあげる中国メディア
平昌オリンピック中継で炎上多数
台湾のショッピングモールが「日本化」!?ネットで懸念の声―台湾
ついに立ち上がった虐げられてきた韓国の女性たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加