阪神・メッセンジャー、打球が右足に直撃し負傷交代

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/10

(セ・リーグ、巨人-阪神、16回戦、10日、東京D)阪神のランディ・メッセンジャー投手(35)が七回、負傷交代した。

2-2の七回に先頭・阿部の打球が右足に直撃。ベンチからトレーナーと通訳が走った。

その後、メッセンジャーはマウンドで足の動きを確認していたが、ベンチで治療することを選択。桑原に交代した。メッセンジャーはチームトップの11勝をあげており、患部の状態が心配される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
ハム西川が会心の6号満塁弾、2か月半ぶり3連勝に「久々で本当にうれしい」
[UAチャレンジカップ]MF河合の決勝点で慶應義塾志木が宜野湾に競り勝ち2連勝(20枚)
ダルビッシュ人気沸騰 使用済みユニ100万円 Tシャツ売上げチームトップ
DeNA今永が初10勝 女房役嶺井と爆笑お立ち台
  • このエントリーをはてなブックマークに追加