「日光軌道」タイプのバス登場 SL「大樹」とともに昭和レトロ演出 東武バス日光

「日光軌道」タイプのバス登場 SL「大樹」とともに昭和レトロ演出 東武バス日光

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2017/08/15

昭和ノスタルジーを前面に

東武バス日光が2017年8月10日(木)、「日光軌道」タイプの特別車両を導入。あわせて鬼怒川~日光間で新路線の運行を始めました。

導入する特別車両は、1968(昭和43)年の廃止まで東武日光軌道線(日光駅前~馬返間)で使用された100形ボギー車を模したもの。外装のデザインをはじめ、内装も一部にロングシートを配置するなど、かつて日光を走っていた路面電車を想起させるものです。

No image

「日光軌道」タイプの特別車両。外装全体にレトロなデザインを採用(画像:東武バス日光)。

行先表示機も「幕布式」を採用。「『LED式行先表示機』とは異なり一層レトロな風合いを醸し出すものとなっております」(東武バス日光)といいます。車両は中型ノンステップのタイプを使用。定員は53人(着席27人)です。

新設路線は、鬼怒川温泉駅を起点に東武日光駅を経由し、日光の社寺(東照宮、大猷院、二荒山神社)までを結びます。バスは、東武鉄道のSL「大樹」運転日にあわせ運行。運賃は鬼怒川温泉駅~東武日光駅間が500円、鬼怒川温泉駅~東照宮・大猷院・二荒山神社前間が700円です。

鬼怒川温泉駅でバスからSL「大樹」に乗り継ぐ際、SLが転車台で回転する様子を見られるようなダイヤを設定。東武バス日光は「SL『大樹』とバスを一体でご利用いただくことができ、お客様に昭和レトロ・ノスタルジー(郷愁)を感じていただけるものと思っております」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ファンキー末吉、文化庁に上申書提出“JASRACは不当”
岐阜・瑞浪市の中央道で土砂崩れ 10人以上けが
女子大学生が乳児の遺体を...ポリ袋に入れ遺棄か
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
厚労省「ブラック企業リスト」401社に HISや水道局も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加