楽天、今季5度目のサヨナラ勝ちで堅首 延長十一回、銀次打!

楽天、今季5度目のサヨナラ勝ちで堅首 延長十一回、銀次打!

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/11
No image

延長11回、サヨナラ打を放ちナインから手荒い祝福を受ける銀次(右端)

「楽天4-3日本ハム」(10日、Koboパーク宮城)

4時間24分のロングゲームを制して楽天は今季5度目のサヨナラ勝ち。首位を死守した。延長十一回、サヨナラの舞台を作ったのはオコエだ。7番手の石川直からカーブをたたいて左翼線二塁打。続く茂木が四球で1死一、二塁。ここで銀次が左中間へ適時二塁打を放って試合を決めた。

「決めてやろうという気持ちはあったけど、すごく落ち着いて、楽に打席に入れた。柔らかく、柔らかくと言い聞かせて、後は体に任せた」と銀次。開幕から不動の5番として好調を維持。恐怖の2番・ペゲーロが故障離脱してから日替わり2番が続いていたが、銀次は新恐怖の2番と呼ぶにふさわしい威圧感と勝負強さで、この日も3安打2打点だ。

その銀次、サヨナラ直後に二塁ベース付近でナインに祝福の水を浴びせられて、ビショビショに。背番号33ではなく、仲良しの枡田の背番号32のユニホームを着て、お立ち台に。「枡田に『2番、ちゃんと打てよ』って、朝、言われて。枡田、やったよー」と控えに甘んじる枡田にエールも送った。

梨田監督も「あしたは移動即ゲーム(京セラドームでオリックス戦)。ホントは9回で終わらせてあしたに備えたかったけど」とぜいたくな?ボヤキ節。このねちっこさが楽天の最大の武器だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
明豊・溝上投手 けがを克服、ベンチ入り ライバルと対決夢託す
スカウトが選んだ夏の甲子園ベストナイン。このうちドラフト指名は?
野村ジェームス4強弾!花咲徳栄、埼玉勢初Vへ打倒・東海大菅生
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加