西野七瀬の純粋さを、『年末ジャンボ宝くじ』CM共演の笑福亭鶴瓶と佐藤健が絶賛「なぁちゃんって呼ぶわ、俺も」

西野七瀬の純粋さを、『年末ジャンボ宝くじ』CM共演の笑福亭鶴瓶と佐藤健が絶賛「なぁちゃんって呼ぶわ、俺も」

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2019/11/22
No image

20日、「『年末ジャンボ宝くじ』『年末ジャンボミニ』発売記念イベント」が都内で行なわれ、CMに出演している笑福亭鶴瓶、佐藤健、西野七瀬が出席。鶴瓶と佐藤のふたりは、初対面の西野を絶賛した。

「年末ジャンボ宝くじ」は1等・前後賞合わせて10億円、「年末ジャンボミニ」は1等・前後賞合わせて5000万円が当たる。

イベントでは、鶴瓶が「タップ(ダンス)ほんまに踏んでますからね」と前回の「ハロウィンジャンボ宝くじ」のCMに触れると、隣の西野は「あれ、踏んでたんですね! 観ててどっちなんだろう?ってすごく思ってました。今日、聞けたらいいなと思ってたんです」と笑顔に。ただ実際はCGであり、しっかり騙されていた西野に「初対面やで、この人。うれしいわ、ありがたい」と感謝していた。

No image

「純粋な目で信じてるんですから、こんなコ騙そうとしちゃダメ」と佐藤にツッコまれる鶴瓶

さらに、ビーチに宝くじが舞い散る内容の「サマージャンボ宝くじ」のCMでも、佐藤がスタジオでのCG撮影を暴露すると「え? 海だと思ってたので、ちゃんと回収できたのかなと思ってた」と驚愕。驚く西野に対して、佐藤も「純粋さがすごい。逆に狂気的ですね」と感心していた。

また、鶴瓶は「(CMのセリフの)『ないやろ』が、めちゃめちゃうまい」と西野のCMでのイントネーションを絶賛。元々関西出身で関西弁を話す西野だが「鶴瓶さんの『ないやろ』を流してもらって、そのあとに続けて言ってたんですよ」と説明するも「そうだったとしてもうまいよ。『この人なんや、うまいな』と言ってたんですよ。ものすごいネイティブで地元近いんじゃないかと思うくらい」と称賛を続けた。

No image

『今年の漢字』を問われた3人は、それぞれ「黒」(佐藤)、「再」(鶴瓶)、「新」(西野)と発表

ほかにも「10億円当てたら記念に記念碑を建てたい、地元に。言葉と名前を刻んで」と話す西野に「面白いこと言うなぁ」と漏らしたり、佐藤が「一度言ってみたかった」と西野の愛称"なぁちゃん"で呼ぶと、「なぁちゃんって言われてるの? なぁちゃんって呼ぶわ、俺も」と、初対面にも関わらず、鶴瓶は西野をすっかり気に入った様子。

イベントの最後も、「(年末ジャンボ宝くじを)買わないという選択肢はないやろ」という鶴瓶のコメントで締めくくるはずだったが、鶴瓶は「ちょっと言うてみ」と西野にリクエスト。西野の「ないやろ」で幕を閉じた。

「年末ジャンボ宝くじ」「年末ジャンボミニ」は12月21日(土)まで発売。

取材・文/鯨井隆正

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
のん、胸元ざっくりドレスで美貌放つ! かわいらしい笑顔も
「苦しんで死ぬ人もいるなら、もうネット上のお遊びじゃねえぞ!」 武井壮の苦言にダル「ほんまこれ」
内村光良の発言が関係?「米津玄師が紅白を断った疑惑」が物議!
神田沙也加 不満があった「夫の収入面」と村田充の母が離婚について語ったこと
【志村どうぶつ園のタブー告発】白井家が死んだ愛馬を庭でバラバラに違法解体「フルハートは2度死んだ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加